NEW

肉を食べないと危険!性的魅力が低下し不健康に?劣化防止にはトマトジュースを飲め

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 お稽古・習い事に関する市場が拡大しています。市場調査大手の矢野経済研究所の調査では、2013年度のお稽古・習い事市場規模は1兆9910億円。少子化や高齢化の進行などによる対象人口の減少もあり大半の分野が縮小となるなか、「料理教室」は前年度を上回っています。

『食べるだけで、若くキレイになる方法』(サンマーク出版)の著者であり、料理研究家の小針衣里加氏は、料理教室が台頭している理由として、男女を問わず家庭内食化が高まっていることや、食の知識を深めたいと考える人が増えていることを挙げています。

今回は小針氏に、

・肉食の効果と効能
・毎日続ける美容の秘訣

について聞いてみました。

魅力的な女性は肉食系に多い

--本書では、女性に肉食を推奨されていますが、その理由を教えてください。

小針衣里加(以下、小針) 私が主催する会や講座には多くの女性が来るのですが、「肌がくすんでいる」「性的魅力がない」「キラキラ輝いていない」と訴える人の多くは「肉を口にしません」と言われます。さらに、油を使わないことがヘルシーだと考え、蒸し野菜や茹で野菜ばかり食べているのです。そのような人たちに生理が周期的にきているか尋ねると、決まって「生理不順で、周期が一定せずに、いつ始まるか予測がつかない」と答えるのです。「半年くらいこない時もあります」と言う人もいました。

 動物性食品や油を摂取せずに野菜ばかり食べ、若い頃に過剰なダイエットをした人には生理不順が多く見られます。肉や魚、油に含まれるコレステロールは、女性ホルモンの材料でもあるのです。コレステロールが不足すると女性ホルモンも減少し、ホルモンバランスが乱れてしまいます。さらに肌や髪の毛や筋肉は、肉や魚に含まれるたんぱく質でできていますから、健康な体を維持するために肉食がよいのです。そこで、肌のくすみをなくして魅力を高めるためにも、毎日きちんと肉や魚を食べることをお勧めしています。

--肉や魚を控えることは、ヘルシーではないということですね。

『食べるだけで、若くキレイになる方法』


実年齢マイナス5歳に見られる肌・髪・スタイルは、食事でつくられます。
肉、野菜、果物、ご飯……なにをいつ、どのように食べるかによって、あなたの体は変わっていくのです。

amazon_associate_logo.jpg