NEW

鍋に肉と野菜をぶっこんで煮込むだけ!激ウマ鍋料理!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マドリッド風コシード
 日本ならおでん、フランスならポトフか。スペインはマドリッドで広く愛されるコシードは、心休まる素朴な味。豚、牛、鶏と3種類の肉に、丸ごと入れるたっぷりの野菜と豆を、ひたすら煮込むだけで、なんとも滋味深くなる。材料もスーパーで調達しやすいものばかり。暴飲暴食で疲れた胃袋を、こんな料理でリセットするのもいいだろう。具はそれだけでメインとして、スープにはパスタを入れて、別々に楽しむのが現地流。


【材料:2人分】

ひよこ豆(乾燥)…100グラム
スペアリブ…2本
牛すね肉(もも肉などでも可)…100グラム
骨付き鶏もも肉…1本
チョリソー…1本
玉ねぎ…1個
じゃがいも…2個
にんじん…1本
キャベツ…1/4個
長ねぎ…1本
にんにく…1片
ローリエ…1枚
スープ用:ショートパスタ、塩…各適量
塩、ワインビネガー、オリーブオイル…各適量

・ひよこ豆は前もってたっぷりの水に7時間浸して戻しておく。もしくは、水煮の缶詰やパックを200~300グラム使ってもいい。

【つくり方】

1.玉ねぎ、じゃがいも、にんにくは皮をむく。長ねぎは3等分に切る。
2.深鍋に水をきったひよこ豆、スペアリブ、牛肉、鶏肉、ローリエ、水3リットルを入れて強火にかける。沸騰したら弱火にし、蓋をして1時間煮込む。
3.玉ねぎ、にんじん、キャベツ、長ねぎを入れ(水煮のひよこ豆を使う場合はここで入れる)、30分煮込む。
4.じゃがいもとチョリソーを加えて、さらに15~20分煮込む。
5.具だけを器に盛りつけ、好みで塩、ワインビネガー、オリーブオイルをかけて食べる。
6.残った煮汁はザルなどで漉して火にかけ、塩を加えて味を調える。ショートパスタを入れ、やわらかくなったらスープ皿に盛る。
(レシピ監修=丸山久美、編集=テクト)