NEW

女のヒモ男の超絶スキル!家事完璧で仕事の助言、24時間女に尽くす、同時に複数女性のヒモ

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 4月になり、テレビ各局で春の新ドラマがスタートした。初回視聴率22.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、NHK連続テレビ小説として今世紀2位の記録を打ち出した『とと姉ちゃん』をはじめ、さまざまな作品がオンエアされている。


 そのなかで、昨今の晩婚化を危惧してか、『私、結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系)、『早子先生、結婚するって本当ですか?』(フジテレビ系)と、女性の結婚をテーマにしたドラマが2本放送されている。

 また、『早子先生』には、ブレイク中のお笑いタレント・とにかく明るい安村が役者として出演することも話題になっている。役柄は、主演の松下奈緒演じる早子先生の同僚で、佐藤仁美演じる梅子先生の彼氏役だ。

 彼氏といっても、5年も付き合っていながら、いつもお金をせびりにくるというヒモのような存在である。とにかく明るい安村自身、売れない頃は今の妻の元に転がり込んで暮らしていたといい、まさにヒモのような経験があるようで、それが今回の演技に生かされているのかもしれない。

 ところで、女性に稼いでもらって気楽に暮らすヒモという男性の存在は、ドラマや小説の中でこそ見るが、現実に出会うことはあまりない。そもそも、実際にヒモとして暮らすことなど、できるのだろうか。

 そこで、ヒモのノウハウ本を執筆し、実際にヒモとして暮らしている2人の男性に話を聞いた。彼らに言わせると、最近でもヒモをしている男性は意外といるようで、専業だけでなく、パチプロやFXトレーダーなどと“兼業”している人が多いそうだ。

 また、俳優やミュージシャン、弁護士の卵などもいるという。2人に具体的なヒモライフについて聞くと、両極端ともいえる姿勢が浮かび上がってきた。

24時間、女性の愚痴を聞き続けるヒモの暮らし


 1人は、いわゆるヒモのイメージに近いタイプだ。風俗嬢など高収入の女性に稼いでもらい、その女性と同居している。しかし、彼は稼ぎを当てにして遊びほうけているわけではない。彼は、家で“主夫”をしているのだ。

 掃除、洗濯、炊事はもちろん、女性の収入を管理し、使いすぎや貯蓄計画などの面倒も見ている。また、愚痴は快く聞くし、仕事でスランプに陥ればアドバイスもする。いわば、主夫兼マネージャーといったところだ。