NEW

平均年収は420万、月の小遣いは3万台…キビしい会社員のための無料デートスポット

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 男女の「草食化」に歯止めがかからない――。

 2016年の国立社会保障・人口問題研究所調査によると、独身者のうち交際相手がいない人の割合は、男性7割、女性6割と過去最多であることがわかった。また、このうち男女とも約3割が「異性との交際を望んでいない」と回答している。さらに、性交渉の経験がない独身者も男性42%、女性44.2%に上っている。

 こうした男女の草食化についてIBJ(日本結婚相談所連盟)所属の婚活カウンセラーに話を聞くと、複数人が次のように口を揃える。

「今の20代、30代世代の場合、他者、とりわけ異性とのコミュニケーションが面倒だと考えていることが要因として挙げられますが、それは遠因にすぎません。直接的な要因は、経済的理由です。つまり、デート代の費用負担が大きいこと。これに尽きます」

1回当たりのデート費用・約8000円という現実

 いったいどういうことなのか。まずは民間企業に勤めるビジネスパーソンの給与事情を紐解いてみよう。

 16年に発表された国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、民間企業に勤務する人の平均給与(年収)は、男性521万円、女性276万円、男女平均では420万円だった。

 事業所規模別では女性の場合、5000人以上の事業所では270万円、10人未満では241万円と、約30万円程度の差しか開いていない。しかし、男性の場合は、5000人以上の事業所では677万円、10人未満のそれでは419万円と、約258万円もの差が開いている。

 ところが、これら民間企業に勤める男女ビジネスパーソンの小遣い額は、その収入差にかかわらず、あまり差が開かないのが現状だ。実際、昼食代を含むビジネスパーソンの小遣い額は、男性では20代で4万879円、30代で3万6846円、女性では20代で3万8220円、30代で3万2515円だ(新生銀行、16年『サラリーマンのお小遣い調査』より)。

 だが、1回当たりのデート代は、自宅デートは別にして、概ね1回当たり8000円といったところだ。Tech総研の調査によると、エンジニア職に就く人に限定されているものの、1回当たりのデート費用は30代前半で8291円という調査結果が出ている。1カ月平均では2万6501円だ。なお、この調査結果によると、20代前半で8237円、20代後半で8277円、30代後半で9156円と、年代別による差は大きくない。

平均年収は420万、月の小遣いは3万台…キビしい会社員のための無料デートスポットのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、デート代性交渉東京キャラバン独身者の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!