NEW
蒲谷茂「自分のからだは自分で守る」

人工透析、1日おき通院&ベッドで4時間拘束が「不要」な方法

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 私は現在、末期の腎不全で透析の一歩手前にいる。腎不全にまで至ってしまうと回復不可能で、生き続けるためには腎臓移植か人工透析を受けるしかない。

 人工透析には2種類あり、血液透析と腹膜透析がある。私は透析でも腹膜透析を選んだ。

 人工透析に多少知識のある人でも、まず思い浮かべるのは血液透析だろう。病院にほぼ1日おきに通い、血液をきれいにする機械を使って、不要なものや有害なものを血液から取り除いてもらう。患者は病院に1日おきに通うのは大変だが、それ以外は食事に注意するぐらいで、治療はすべて病院やクリニックに任せてしまうので、ベッドに横になっているだけ。

 一方、腹膜透析は基本的に患者自身が行う。自分のおなかの中に透析液を入れ、そこに腹膜を通っている血管から不要、有害なものを排出させる。有害なものを含んだ透析液は排液し、新たな透析液を腹部に入れる。これを1日に3~5回くり返す。毎日しなければならないが、病院に通う必要はない。もちろん、4時間近くベッドに拘束されることもない。

 ただし、透析液を交換するときは、衛生状態に十分に気を配る必要がある。腹部からカテーテルの一端が出ていて、そこに透析液のバッグをつなげて、透析液を入れたり、汚れた透析液を排出したりするのだが、このときに、細菌などが入っていかないようにする。

 もちろん、普段から外に出ているカテーテルには注意を払わなければならない。透析液を腹部に送り込むためにカテーテルは、腹部の中を回っているので、からだの外に出ている部分も清潔さを保つ必要があるからだ。外に出ているカテーテルは腹部の中と直結しているといってもいいだろう。出ているカテーテルの出口部分が炎症を起こしていないか、痛みなどはないか、浸出液のようなものは出ていないかという観察が必要だし、消毒などは欠かせない。これを怠ると腹膜炎や出口部に感染を起こしてしまう可能性があるからだ。これらすべてを自分でしなければならない。自己管理がたいへん重要なのである。

腹膜透析が普及しない理由


 7460名。これは透析を受けている人のなかで、腹膜透析を選んでいる人の数である。

 日本透析医学会が2015年に調査した結果を発表している。一方、血液透析をしている患者は25万8374名。透析を受けている人で腹膜透析を選んだ人は、わずか2.3%だ。

人工透析、1日おき通院&ベッドで4時間拘束が「不要」な方法のページです。ビジネスジャーナルは、連載、人工透析糖尿病患者腎不全の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!