NEW

アトピー薬、美容目的の処方激増で医療費巨額損害…美容効果データなし、保険適用除外か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マルホ株式会社 HP」より

「究極のアンチエイジング」「高級クリーム3万円くらいの効果がある」などとインターネット上に情報が飛び交っていた医薬品「ヒルドイド」。価格はチューブ1本(25グラム)で約590円。健康保険で自己負担が3割の場合は、診察料などを除けば180円ほどで入手することができる。

 3万円に値する効用のあるものが180円で入手できるとなれば、多くの人が飛びつくのは当然だろう。だが、ヒルドイドはアトピー性皮膚炎の人や肌が乾燥しやすい子どもらに処方されるものだ。美容目的ならば、保険が適用されるわけもない。

 そもそもはタレントの梨花や中村アンが、その効果を宣伝したのが発端。彼女たちに悪気はなかったのであろうが、美容目的のヒルドイドの使用が国の医療費を圧迫、おおよその試算では、その額は年間93億円にも上っているともいわれ、厚生労働省が問題視するほどの社会問題になっている。

 多くの著作などを通じて、正しい薬の飲み方を啓蒙している薬剤師の小谷寿美子氏に話を聞いた。

 そもそも、ヒルドイドに美容効果はあるのだろうか。

「肌のハリをよくする、シワが消える、クマが消える。これらがヒルドイドの美容効果だと多くの方に思われているようです。ヒルドイドには、水分を保つ薬効があります。それによって、肌にハリは出てきます。乾燥によって起こるシワは、水分を保つことで治ります。ヒルドイドには血流をよくする効果もあります。クマというのは、血流が滞っている状態ですので、それが流れるようになればクマが消えるということがあります。美容効果があるという具体的なデータがあるわけではないですが、薬効はあると考えられます」(小谷氏)

 ヒルドイドは美容目的の薬ではないが、副作用はないのだろうか。

「副作用はほとんどないですが、まったくないわけではないですね。血行をよくする効果があるので、人によっては肌が赤くなったりします。ヒルドイドの成分のヘパリン類似物質は、血をさらさらにして出血が起こりやすくなるので、紫の痣が出たりするということが報告されています」

 実際に美容目的で使っていると見受けられる例は、医療の現場であるのだろうか。

アトピー薬、美容目的の処方激増で医療費巨額損害…美容効果データなし、保険適用除外かのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、アトピー性皮膚炎アンチエイジングヒルドイドの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!