NEW

この年末、帰省のお土産に買うべき「究極の商品ベスト5」! 関東・関西編

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PRESS BUTTER SANDの『焼きたてバターサンド』(「PRESS BUTTER SAND HP」より)

 気づけば2017年も残りわずか。仕事の繁忙期や大掃除に忙殺されそうになりながら、並行して実家への帰省準備をしている方も多いだろう。

 帰省は親族と顔を合わせる久々の機会ということで、せっかくなら気の利いたお土産を持参し、場を大いに盛り上げたいところ。あえて前年と同じ定番品をチョイスするのも手かもしれないが、帰省先で「この人のセンスは一味違うな」と唸らせたい場合、どんなお土産を選ぶべきなのだろうか。

 そこで今回、ギフトコーディネーターとして活躍する冨田いずみ氏に話を聞いた。

「お盆の帰省は夏で、年末年始の帰省は冬だという違いがありますから、まずは季節感のあるお土産を選ぶのが好ましいです。また、たとえ冬であっても、日持ちするかどうかは意識しなければいけません。そうなるとカステラやバームクーヘン、クッキーなどの定番品に偏ってしまいがちなのですが、そのなかで話題性や希少性を盛り込めたら、より喜んでもらえるでしょう。

 また、大人数に配れるよう、小分けや個包装されたお土産を買っておくと便利です。それと甘い系だけでもしょっぱい系だけでも途中で飽きてしまいますので、味覚の違うものを選ぶのもポイント。最近は各メーカーも“甘辛セット”など、凝った詰め合わせ商品を多彩に用意してくれています。

 なお、お盆に帰省できなかった方でしたら、年末年始のお土産は例年よりプラス1000~2000円ほど奮発してみてもいいかもしれません。お中元とお歳暮でも、一年の締めくくりとしてお歳暮のほうにボリュームを置く傾向がありますからね」(冨田氏)

関東のおすすめお土産5選:1位はバターサンド界のニューカマー


 ここからは冨田氏に、具体的な店名や商品名を挙げてもらおう。

 最初に紹介するのは、関東のお土産5選だ。冨田氏いわく、日本の玄関口である東京駅はお土産関係も非常に拡張充実しており、定期的な情報チェックが欠かせないとのこと。そのなかでも、冨田氏が特にイチオシする商品はなんなのだろうか。

「最も旬なお土産が購入できるのは今年4月、東京駅構内の丸の内南口にオープンした『PRESS BUTTER SAND』でしょう。バターサンドというお菓子は今年の流行の一つだったようで懐かしくも新しい多種多様なものが駅構内でも見受けられましたが、こちらを手がけているのはあのチーズタルトで有名なBAKE。一度は食べてみたいとお客さんを並ばせる力があり、なおかつその期待を裏切りません。味がすごく染み込んだ『焼きたてバターサンド』(1個170円/税込<以下同>)は絶品です」(同)

この年末、帰省のお土産に買うべき「究極の商品ベスト5」! 関東・関西編のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、お土産帰省東京駅の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!