NEW
秋津壽男「正しい医療or間違った医療はこっち!」

マスクやうがい薬は無意味?間違いだらけの風邪予防…常に暖かい室内はかえって危険

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 うがいは、のどを洗う感覚で1日に何度も回数を多くすることが大切です。うがい薬は必要ありません。ヨード系のうがい薬と水うがいを比較した実験では、水うがいのほうが風邪の治りが早かったという報告もあります。強力な消毒薬をのどに付けると、のどの善玉菌まで殺してしまうのが良くないようです。

 うがいには塩茶がおすすめです。出がらしの茶葉に熱湯を注ぎ、冷まして塩をひとつまみ入れるだけ。緑茶のポリフェノール成分が殺菌に役立ち、塩は刺激を和らげます。
(文=秋津壽男/総合内科専門医、秋津医院院長)

●秋津壽男(あきつ・としお)
秋津医院院長、総合内科専門医。大阪大学工学部醗酵工学科を卒業後、和歌山県立医科大学医学部に入学。循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコー等を学ぶ。その後、東京労災病院等を経て、1998年に品川区戸越銀座に秋津医院を開業。現在、『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京系)にレギュラー出演中。著書に、『長生きするのはどっち?』『がんにならないのはどっち?』古いワインの解説書の『古酒礼賛』などがある。

マスクやうがい薬は無意味?間違いだらけの風邪予防…常に暖かい室内はかえって危険のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事

BJ おすすめ記事