NEW

チベット山奥の急斜面になんの目的で…数百基の高い石塔の謎 千年以上前に建立?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石塔の発見と調査の開始


中国四川省カンゼ・チベット族自治州の東部に位置する丹巴県の石塔(「Wikimedia Commonsより」写真=Munford)

 1982年、チベット(当時)に遠征していたフランスの探検家ミシェル・ペイサル(1937-2011)は、中国との国境沿いのヒマラヤの渓谷において、奇妙な背の高い石塔がいくつも建ち並んでいたのを発見した。その後、ペイサルは1990年代にメコン川の水源や古代種のリウォチェ馬(チベット北東部原産の焦げ茶色の小型の馬)などの発見で知られるようになったが、遠征中に両足を骨折し、謎の石塔をはじめ、自身の数々の発見を追跡調査していくことは断念した。

 そんな折、ペイサルの友人フレデリック・ダラゴン氏がユキヒョウの生態を調査するためにチベットに行くことを知った。そこで、ペイサルは彼女に必ず石塔を見てくるように言った。ダラゴン氏はポロの一流選手で、ある時期、CNN創業者テッド・ターナー氏の恋人でもあった。

 1996年、ダラゴン氏は四川省とチベット自治区との境界付近を訪れた。ある日、ユキヒョウの調査中、彼女は暴風雨に見舞われた。雨宿りできる場所を探していたところ、彼女は近くの山の斜面に背の高い石塔がそびえ立っていたのを発見。翌日以降、さらにその周辺地域を調べてみると、同様の石塔がいくつも存在することに気付いた。

 それらはいったいなんなのか? いつ誰がなんの目的で建てたのか? 彼女はそれらの雄大な建造物に心を奪われ、結局、ユキヒョウの生態調査プロジェクトは投げ出してしまうことになった。

 1998年、いったん母国フランスに帰国したダラゴン氏は、2年間、いくつもの図書館に通っては石塔についての文献を徹底的に読みあさった。そして、十分な準備を経た彼女は、本格的に石塔調査に乗り出した。度重なる調査活動のため、彼女は現地に家を購入し、150基を超える石塔を調査した。

 もはや、彼女の人生は完全に方向づけられ、自己の目標は、その地域の石塔すべてを図に記し、それらにまつわる歴史と建造目的を探り出すことになったのである。

 2001年、ターナー氏の助けを借りて、ダラゴン氏は石塔を調査するユニコーン財団を設立。2004年には、中国の研究者と四川大学と協力して、四川大学ユニコーン遺産協会を共同設立した。そして、彼女は各地で石塔の写真展を開催し、それらの保存と世界遺産への登録を目指して今なお精力的に活動している。

チベット山奥の急斜面になんの目的で…数百基の高い石塔の謎 千年以上前に建立?のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、チベットヒマラヤ石塔の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事