NEW

メガバンク株の長期保有で年3%以上の金利を狙え!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

「株投資=危険」という認識の人が多いだろうが、配当や株主優待のいい株を長期で持てば、非常に高金利な定期預金のように運用することも可能だ。ここでは具体的に株の長期保有について紹介しよう。目指せ年利3%!

メガバンク株なのに配当利回りは3.86%もある!


 株式投資は、ある銘柄を安く買って高く売ることで差額の利益(キャピタルゲイン)を得るものだと思っている人が多い。確かにそれは間違っていないが、キャピタルゲイン狙いではなく、株を長期保有することで、定期預金のように毎年安定した金利を得る方法もある。なぜなら、株を保有していると配当金や株主優待を受けられるからだ。

 具体例を見てみよう。たとえば、絶対倒産しそうにないメガバンク「みずほ銀行」の株価は1株194.1円(2018年9月4日現在)。単元株(最低購入株数)は100株なので、たった1万9,410円で購入可能だ。みずほ銀行に株主優待はないが、1株当たりの配当額は7.5円なので100株で750円の配当がもらえる。これは実に3.86%に相当する高利回りである。もちろん配当には20.315%の税金がかかるので、手取りは約580円になるが、税引き後でも配当利回りは2.98%もあるのだ(NISAなら非課税)。

 つまり、毎年580円の配当をもらい続ければ、34年目に投資金を回収できる計算になる。そのあとはノーリスクで配当分は丸儲けだ。また、貸し株に出せば年数はもっと短くなるし、将来、購入時よりも株価が上がっていれば、キャピタルゲインも狙えるのである。

続きは【オトナライフ】で読む

メガバンク株の長期保有で年3%以上の金利を狙え!のページです。ビジネスジャーナルは、マネー、メガバンク投資株式の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事