NEW
杉江弘「機長の目」

自衛隊がオスプレイ導入、首都圏で墜落事故の危険…政治主導の配備で隊員の命も危ない

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オスプレイでも仮に2基あるエンジンが全て故障すれば、このオートローテーションの技術を使い墜落時の被害を少なくしなければならないのだが、果たして十分に機能するのか疑問がわく。

 もともと、オスプレイのローターは構造上大きくできず短いため、それをカバーするために回転数を高くしている。そのため降下のときにはダウンウォッシュを強く発生させ、それが自機とほかの編隊機に乱気流となって影響するという特徴があるのだが、この短いローターはオートローテーション時にも十分な揚力を得られないという弱点が指摘されている。

オートローテーション操縦は本当に十分なのか

 12年9月に沖縄県知事への回答というかたちで防衛大臣が、次のような主旨の発表を行った。

「エンジン出力喪失時の処置は滑空とオートローテーションの2つがあり、適切な前進速度と降下率を得るように飛行する。しかし回転翼機であってもオスプレイであっても、低高度におけるホバリングのような適切な前進速度と降下率を得ることができない高度及び速度領域が存在する。なおオスプレイについては両エンジンが同時に出力を喪失する事態は一度も発生していなく、オートローテーションを求められる場面はほとんど想定されていない」

 しかし先に述べたローターの大きさからくる非常時の落下速度は、かなり大きくならざるを得ないのは明らかで、滑走路など不時着時に適した場所がないと二次被害を十分に避けることは難しいだろう。そもそも、オスプレイは軍用機であるため民間のヘリ等に求められているオートローテーション等の厳しい耐空性基準は適用されず、日本の航空法で定めた耐空証明がなくても飛行可能である。

オスプレイは日本に必要か?

 米軍に加え日本にも18年度から導入が始まり、自衛隊としてのオスプレイは当面17機となる予定である。しかし自衛隊では、国土の狭い日本では既存のヘリ部隊で十分であり、実効性もオスプレイより高いという意見が強かった。オスプレイは敵地に乗り込んで作戦を展開させるのが主目的で、そのために一般の航空機のように航続距離も長い。米軍が海兵隊の任務遂行のために開発したのもその理由からだ。

 しかし、専守防衛を任務とする自衛隊の任務からいって不必要な輸送機といえなくもない。自衛隊の武器類はユーザーでもある自衛隊が選定する。具体的には陸海空自衛隊を統括する防衛省総合幕僚監部が策定する「統合長期防衛戦略」をたたき台に、陸海空の各幕僚監部が武力攻撃事態を想定して武器類の導入を要求し、予算配分される。

自衛隊がオスプレイ導入、首都圏で墜落事故の危険…政治主導の配備で隊員の命も危ないのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事