NEW

なぜ西日本の人は長寿?7年後の日本、高齢化率は3割に上昇、生産年齢人口は50%台へ低下

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 敬老の日(9月17日)に厚生労働省が発表した「2017年高齢者調査」で、100歳以上の高齢者は全国に6万7824人に上るという衝撃的な結果が明らかになった。内訳は女性が5万9627人で、なんと全体の87.9%。男性は8197人で12.1%。圧倒的に女性のほうが長命であることがわかる。

 100歳以上の高齢者は、調査が始まった1963年には全国で153人しかいなかったが、およそ半世紀で443倍になった。1万人を超えたのが1998年なので、この20年間だけでも6.7倍の増加ぶりである。

 100歳以上の人数を都道府県別にみると、人口10万人当たりの割合でもっとも多いのは島根県で97.54人。5年連続のトップである。以下、鳥取(92.11人)、高知(91.26人)、鹿児島(91.20人)、佐賀(85.02人)と続き、西日本に多いことがわかる。

 逆に、もっとも少ないのは埼玉(32.09人)で、以下、愛知(35.01人)、千葉(37.83人)、大阪(40.29人)、神奈川(40.86人)の順だった。

 西日本は人口10万人当たりの医師数が軒並み多く(女性医師の数も多い)、医療や介護体制が充実しているため長寿化が進む一方、若者の大都市への流出で、そもそも人口に占める高齢者の割合が高い。こうした要因が重なって「西日本の100歳以上人口割合」が際立っていると考えられる。

高齢化率トップは秋田県、65歳以上人口が35万4000人

 100歳以上の人口というのは、あくまで長寿社会を象徴するデータだ。高齢者全般で見ると、どうなるのか。内閣府の「平成30年版高齢社会白書」によると、2017年10月1日現在の日本の総人口は1億2671万人。このうち65歳以上人口は3515万人で、総人口に占める割合(高齢化率)は27.7%と過去最高になった。男女別にみると、男性は1526万人、女性は1989万人で、女性が男性の1.3倍だ。

 都道府県別の高齢化率はどうなっているか。上位5県と下位5県は、以下の通り。

内閣府「平成30年版高齢社会白書」より
 

【上位】                 
(1)秋田県…35.6%(35万4000人)
(2)高知県…34.2%(24万4000人)
(3)島根県…33.6%(23万人)
(4)山口県…33.4%(46万2000人)
(5)徳島県…32.4%(24万1000人)

【下位】
(1)沖縄県…21.0%(30万3000人)
(2)東京都…23.0%(316万人)
(3)愛知県…24.6%(185万2000人)
(4)神奈川県…24.8%(227万4000人)
(5)滋賀県…25.3%(35万7000人)

 高齢化率でも西日本が上位に顔を出しているが、トップが雪国の秋田県だったのは意外だ。15年の「都道府県別生命表」(厚労省)では、秋田県は男性の平均寿命が79.51歳で全国46位、女性が86.38歳で44位という短命県とされていた。高齢化率はあくまで65歳以上人口の割合であって平均寿命とは相関関係にないとはいえ、不思議な感じが否めない。この結果から、若者が少ない歪な人口態様が浮かび上がる。

なぜ西日本の人は長寿?7年後の日本、高齢化率は3割に上昇、生産年齢人口は50%台へ低下のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、平均寿命敬老の日超高齢化社会高齢者の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事