NEW
西澤真生「仕事がデキる人の栄養マネジメント」

「食事を減らしてもやせない」「下痢や便秘が続く」…腸内細菌が異常増殖する「SIBO」では?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「gettyimages」より
 本連載前回記事腸内細菌についてお伝えしましたが、そのなかで「悪玉菌を減らし、善玉菌を応援しよう」と述べました。しかし、腸内細菌は善玉菌であっても多ければ多いほど良いというものではありません。適切な場所に適切な数が適切なバランスで存在することが大切です。このバランスや数が崩れ、小腸に菌が過剰に増殖し、さまざまな問題を引き起こすことを「Small intestinal bacterial overgrowth syndrome」(小腸内細菌異常増殖症:略称SIBO)と呼びます。


 聞き慣れない呼び名ですが、「言われてみれば、私もSIBOかも」という方もいるかもしれません。腹痛や下痢・便秘が続くのに、検査をしても大腸に炎症が認められない過敏性腸症候群という病気があります。「過敏性腸症候群の方の8割ぐらいがSIBOを併発している」という統計もあります。「食べた後にお腹が張りやすい」「下痢や便秘を繰り返す」「げっぷが多い」「いつもお腹の調子が悪い」「食べているのにやせすぎる」「食事を減らしているのにやせない」という方も、腸内細菌になんらかの問題がある可能性があります。

腸と関係ない部分にも悪影響を及ぼすSIBO


 本来、胃や十二指腸にはほとんど細菌が存在しません。小腸の口側の部分(空腸)では1mlあたり1000個から1万個程度が正常です。大腸には1mlあたり100億個から1兆個の菌がいるため、はるかに少ない量です。小腸にいる菌は小腸の粘膜には密着せず、粘液層で隔てられた場所に生息しています。

「gettyimages」より
 ところが、なんらかの理由で小腸に菌が増殖しすぎると、菌の発酵によって水素ガスやメタンガスが発生し腹部が膨満します。ガスは胃の方向に逆流し、げっぷや胸やけの原因になります。小腸は、栄養成分の消化・吸収を行う場所です。増殖した細菌が大事な栄養成分を消費してしまい、重篤な栄養欠乏になることもあります。

 本来はいないはずの菌が小腸粘膜に侵入すると、腸に炎症が起きます。腸の透過性が亢進し、細菌の毒素や未消化の栄養分が体内に入り込みます。腸の慢性炎症は老化を促進し、脳や内分泌器官である副腎にも悪影響を及ぼします。炎症は腸にとどまらず、頭痛や関節痛、じんましんや湿疹、慢性の疲労感や抑うつなど、腸とはまったく関係ない部分にも症状を出現させます。

SIBOの原因と注意点


 SIBOの原因は、複数あります。小腸の消化管運動の低下、殺菌作用のある胃酸や膵液・胆汁などの分泌低下、抗生物質の使用や細菌感染などによる腸内細菌叢の変化、食事などの要因が複雑にからみ合っています。

 胃酸や膵液・胆汁の減少はSIBOの悪化要因となります。ピロリ菌による慢性萎縮性胃炎は、胃酸や消化酵素の分泌低下の原因となります。ピロリ菌は胃がんのリスクも高めるため、ぜひ検査で感染の有無を確認して、感染していた場合は除菌しましょう。胆のうの摘出術後には胆汁の濃縮ができなくなり、SIBOのリスクが上昇します。腹部の手術によって消化管の動きが悪くなることも、SIBOが悪化する要因となります。

 胃薬を長期的に服用している方は、どんな種類の薬をなんのために飲んでいるのかを確認しましょう。逆流性食道炎や胃潰瘍には、胃酸を抑える薬(制酸剤)が処方されます。胃酸過多や胃酸の逆流による逆流性食道炎の方は制酸剤の服用を継続することが大切ですが、SIBOでもげっぷや胸やけ、胃の症状が多く見られます。胃酸を抑えてしまうと症状が悪化することがあるため、自分が胃酸過多なのか低胃酸なのかを確認することが重要です。

「食事を減らしてもやせない」「下痢や便秘が続く」…腸内細菌が異常増殖する「SIBO」では?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、SIBO腸内細菌食事の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事