NEW

松本人志、NGT騒動で指原へ「体使って」発言に批判噴出…「感覚が古い」「全然笑えない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダウンタウンの松本人志

 今なお収束する気配を見せない、NGT48・山口真帆の暴行被害告白の余波。1月13日放送のテレビ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、ダウンタウン・松本人志の言動に非難の声が集中した。

 昨年12月に自宅マンションで男2人に襲われていたことを配信動画サイトとツイッターで明かした山口。1月10日の公演では、被害者であるはずの山口が「お騒がせして申し訳ありませんでした」と謝罪したほか、山口が告白するまで事件を隠していた運営側に批判の声が巻き起こっている。

 騒動を受けて、HKT48・指原莉乃はツイッターで「ここまで大きな事件を彼女に謝らせる運営だとは思いたくない」「そこで謝らなくていいんだよ!と言えるスタッフがいなかったこともどうかと思います」と運営側の姿勢を批判。また、「ワイドナショー出演しますが、こうなる前から事前に出演は決まっていたことだけご報告しておきます」と予告していた。

『ワイドナショー』のなかで、指原は山口の告白で事件を知ったと明かし、「すべての対応が悪かった」とあらためて運営の姿勢を批判。また、司会の東野幸治から再発防止策で防犯ベルが渡されたことについて尋ねられると、「それが自分のなかで一番気になっていて。じゃあその瞬間防犯ベルを引っ張って音が鳴って、誰がどうしてくれるの? っていう話で」と苦言を呈している。

 一連の流れから、松本は運営側スタッフが“若い”と疑問視し、「自分の娘くらいの子をマネジメントしてると考えたら、もうちょっと真剣に考えると思う」とコメント。そこで、社会学者の古市憲寿が指原に「引退するんだしNGTのトップになったら」と提案すると、松本も「そっち回ったら?」と同意した。指原が「現状として、えらい人が仕切っても何もできない状況。私が立ったとしても何もできないと思う」と返すと、松本は「それは、お得意の体を使ってなんとかするとか……」と切り返した。

 松本の発言に指原は目を丸くして驚き、「何言ってるんですか? ヤバ……」と衝撃を隠さない。インターネット上からも批判の声があがり、「女性蔑視のひどい発言で、いくらなんでも見過ごすことはできない」「ファンとしてさっしーの言葉には感謝しかないけど、松本人志は完全にアウト」「自分の発言が“おもしろい”と思ってるなら、人として良識を疑う」「NGT48の騒動で堂々とセクハラ発言するなんてどういう神経なの?」「全然笑えない」といった意見であふれ返っている。

「もっとも問題なのは、『ワイドナショー』が生放送ではなく収録だということです。つまり、フジテレビは編集でカットすることもできたはずですが、『問題ない』と判断したか、あるいは松本に忖度してカットできなかったということになる。仮に松本の発言の真意が別にあるとしても、これを流せばどういうことになるかは容易に想像がつくはずです。結果的に、誰も幸せにならない事態を招いてしまったのはフジの大失態といえるでしょう。

 フジは2015年10月にも、生放送ではない『とんねるずのみなさんのおかげでした』で石橋貴明が西内まりやの胸を何度もさわろうとする様子を流して『セクハラ行為を垂れ流し』と批判を浴びました。約3年前から、まったく体質が変わっていないことが浮き彫りになったといえます」(テレビ局関係者)

 また、この一件で松本の笑いのセンスにも疑問符がついているという。

松本人志、NGT騒動で指原へ「体使って」発言に批判噴出…「感覚が古い」「全然笑えない」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、HKT48NGT48ダウンタウンフジテレビワイドナショー山口真帆指原莉乃松本人志の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事