NEW

岡田斗司夫氏、25kgリバウンドでレコーディングダイエット全否定…毎日体重測定の落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

「オタキング」の通称で知られる評論家の岡田斗司夫氏が、『いつまでもデブと思うなよ』(新潮社)を上梓したのは2007年。著者の痩せた容貌が説得力を強め、「レコーディングダイエット」が一世を風靡した。食べたものを記録して1日の摂取カロリーを1500kcal以内に収める――そのシンプルな方法も大いに話題を呼んだ。

 ところが現在、スリムになった姿は見る影もなく、岡田氏は25kgもリバウンドした。それどころか、かつて自らが提言したレコーディングダイエットを全否定している。

 一方、かつて人気深夜番組の企画で、114.6kgから94.8kgまで体重を落とすことに成功したのが、タレントの伊集院光だ。だが後半は、強引な食事制限でやつれ、デブタレントとしての需要にも悪影響が及び、「失敗」と総括された。

 そんな伊集院は現在、TBSラジオの朝番組内で、3年かけて132.4kgから95.4kgへと落とすリベンジ企画「伊集院光とラジオとダイエットと」に再挑戦中。自転車行脚なども加えながら、折々の効果測定を実況しており、結果はこの春に公表される予定だ。

体重測定の頻度がダイエットの成否を左右か

 さて、こうしてオタキングの失敗例や伊集院の挑戦例をみても、やはり気になるのは「体重測定の頻度」がダイエットにどう影響するかだろう。日々のデータ重視はどこまで必要なのか。「米国心臓協会(AHA)」の見解でも、「頻度は専門家の間でも意見が分かれている」とされている。

“No one size fits all”――。つまり誰にでも当てはまる方法というのはない。「それが我々の考え」と語るのは、米ダラスにあるクーパー・クリニックの栄養士でウェルネスコーチも兼ねるメリダン・ザーナー氏だ。

 多くの研究から「体重測定の頻度は、毎日測るのが望ましい」とされているが、その点についても同氏は、「毎日測ることで自信をなくしたり、前向きな姿勢が削がれるようであれば、週1~2回でも構わない」という立場を取っている。

 一方、昨年11月に開催された「AHA年次集会」では、やはり「毎日の測定が体重管理に有益」とする知見が発表された。1年にわたり1042名の成人を追跡調査したこの研究では、「週1以下」の測定者が減量しないのに対し、「週6~7回」は平均1.7%の減量が認められた。

岡田斗司夫氏、25kgリバウンドでレコーディングダイエット全否定…毎日体重測定の落とし穴のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、セルフモニタリングレコーディングダイエット体重測定生活習慣の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事