NEW
黒田尚子「『足るを知る』のマネー学」

30代独身女子、マイホーム購入で注意すべき3つのリスク…銀行の無理なローン設定に要注意

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 30代後半から40代にかけて、「もしかして、一生独身かも……」と思い始めた時、シングルが思わず考えてしまうことの一つがマイホーム購入らしい。不動産のチラシなどをみると、素敵なインテリアのラグジュアリーなマンションがズラリと並ぶ。しかも、毎月の住宅ローン返済額は、今の家賃と同じくらい。ずっと家賃を払い続けるくらいなら、住宅ローン完済後は、不動産という資産が自分のものになるわけだし、高齢になると、賃貸住宅が借りにくくなって更新などを断られるケースもあると聞けば、いっそ買ったほうが良いのでは? と、考える気持ちはよくわかる。

 しかし、とりわけ将来の不確定要素が多いシングル女子が住宅ローンを組んで安易にマイホームを購入するのは要注意! これから、その理由である、アラサー独身女子がマイホーム購入前に知っておきたい3つのリスクについて説明しよう。

 30代半ばを過ぎて独身だと「マンション買わないの?」と言われ――。37歳のマリコさん(仮名)は、都内の総合病院に薬剤師として勤務している。忙しい仕事の合間をぬって、休日ともなれば、友人たちと登山やキャンプを楽しむアウトドア派だ。

 そんなアクティブで充実した日々を送っているマリコさんだが、30代半ばを過ぎた頃から、「マンション買わないの?」と言われることが多くなってきた。

 現在、マリコさんが住むのは、家賃8万円の1DKの賃貸マンション。最寄駅に近く、周辺にはコンビニや商店街も充実していて、とにかく便利なところが気に入っている。ただ、同年代で独身の友人たちのなかには、はやばやとマンションを購入した者もいて、遊びに行くと、決して広くはないものの、自分の住まいと比べると、エントランスや間取り、内装、設備などグレードの違いを感じずにはいられない。

 購入した友人に住宅ローンの返済額を聞けば、今の家賃よりちょっと多いかなという程度。マリコさんの年収は約750万円で、勤務先は安定しているし、貯金も1,000万円以上ある。マリコさんとしては、住宅ローンを組めば、自分もマンションを購入できないわけではないとは思う。今は金利も低いらしいし、どうせ買うなら、2019年10月に消費税率がアップする前に購入しておいたほうがオトクのような気もする。

 その一方で、現在つき合っている特定の相手はいないが、これから結婚するかもしれないし、マンションを買ってしまうと、自分がもう結婚しないみたいに周囲に見られるのがなんとなくイヤだった。こんな状況のなか、マリコさんはマイホームを買うべきかどうか悩んでいる。

30代独身女子、マイホーム購入で注意すべき3つのリスク…銀行の無理なローン設定に要注意のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事