NEW

性行為中に男性が勝手に避妊具外す「ステルシング」横行…「性的暴行」の分かれ目とは

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
性行為中に男性が勝手に避妊具外す「ステルシング」横行…「性的暴行」の分かれ目とはの画像1
「gettyimages」より

 今年6月、サッカー・ブラジル代表のネイマール選手が性的暴行疑惑で訴えられるという事件があった。女性側の言い分によると、当初はお互いに性行為に同意していたが、女性が避妊具を使うように求めたところ、ネイマール選手は拒否して性行為に及んだという。女性は「彼が避妊具を持っていなかった時点で性的暴行になりました」と主張しており、ネイマール選手は「罠にハメられた」と反論した。

 この一件からもわかるのは、避妊具の使用が「同意のある性行為か否か」の分かれ目になってしまうこともあるということだ。

性行為の同意を求める動きが活発に

 今、世界中で「同意なき性行為」をなくすためのさまざまな取り組みが行われている。

 アメリカでは、大学のキャンパス内で性行為に関する「同意書セット」が配られ、話題となった。その中身は、同意書と避妊具、ブレスミント、ペン。性行為前に2人で同意書を読むことで、女性が身を守るきっかけをつくれるという。

 アルゼンチンでは、2人で協力しなければ使えない避妊具が開発された。避妊具の入った箱の側面に4つのボタンがあり、2人で同時に押さなければ箱が開かない仕組みだ。現在はイベントの参加者に配られる限定品だが、オンラインによる一般販売も予定しているという。

 日本でも、自治体やNPO団体により、性行為の同意について考える運動が繰り広げられている。京都市は、大学生と協力して性的同意のチェックリストを作成した。リストには「キスをしたら、性行為をしてもいい」「同じ相手に、毎回、性行為の同意を取る必要はない」など、性暴力になり得る項目が並ぶ。

卑劣なステルシングとは?

 曖昧になりがちな性行為の同意だが、MeToo運動の広がりもあり、世界的に同意を明確にする流れになっている。一方で、同意しつつもこっそりと裏切る「ステルシング」という行為が横行しているという。

 ステルシング(stealthing)とは、性行為の最中に女性の同意なく男性が避妊具を外すことを指す。「こっそりすること」「内密」といった意味のステルス(stealth)が語源だ。

 アメリカではステルシングの実態を調査した論文が発表され、安全な性行為と信じていた女性を肉体的にも精神的にも裏切る行為と定義づけられた。ステルシングに気づかなければ、女性は妊娠や性感染症のリスクを負ってしまうため、アメリカではステルシングを強制性交等罪として罰するための法改正を求める声もある。

 ドイツでは、相手の同意なく避妊具を外した男性に有罪判決が下されるケースがあった。2018年12月、ドイツの地方裁判所は警察官の男性(36歳)が女性の同意を得ずに性行為中に避妊具を外したということで、禁固刑と賠償金を命じた。性行為そのものに同意していたとしても、勝手に避妊具を外せば罪に問われる可能性があるということだ。

 ステルシング対策はアジアでも広まっており、シンガポールは「新しい性暴力」として、リベンジポルノや盗撮に加えて、ステルシングを罰するための法整備を進めている。

性行為中に男性が勝手に避妊具外す「ステルシング」横行…「性的暴行」の分かれ目とはのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事