NEW

au、中古スマホ「SIMロック解除」を“ひっそり”始めた裏事情

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,

 「NTTはお役所的な社風もあり、すぐに政府の意向に沿いました。一方、KDDIは第二電電と京セラの合併によってできた会社ですから、京セラ創業者の稲盛和夫氏の影響が強い。そのためauのサービスでも稲盛流アメーバ経営など『採算を重要視する経営哲学』が実践されています。今回のSIMロック解除はキャリアにメリットがありませんから、お役所の方針に抵抗していたけれど最終的に渋々従ったのでしょう」

 このauの苦渋の決断で、本当にユーザーの携帯電話料金の負担が減ればいいのだが。

(文=編集部)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合