NEW
山崎将志「AIとノー残業時代の働き方」

実験で判明、最強の戦略は「しっぺ返し戦略」…守るべき4つの教訓

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 仕事においては長期的な協力関係がとても重要です。しかし、現実には信頼できるかどうか不安な相手がいたり、ちょくちょく裏切ってくる相手がいたりで、自分がどう対応すべきか悩むことがあります。あるいは自分がちょっとインチキをすることで利益が増えることが明確な状況で、良心の呵責にさいなまれることもあります。

 長期的な協力関係を築くにはどう行動するのがベストなのでしょうか。それを検討していくにあたって、まずは「囚人のジレンマ」と呼ばれるゲーム理論のお話から始めることにします。

 ゲーム理論とは、自然界や社会の中など、複数の関係者がいるところで、それぞれが行うべきベストな意思決定のあり方を、数学的なモデルを用いて研究する学問です。囚人のジレンマでは、まず次のような状況を想定します。共謀して犯罪を行ったと思われる2人の囚人がいます。彼らを自白させるために、検事はその2人を別々の部屋に隔離してお互いにコミュニケーションが取れないようにしてから、こんな取引を持ち掛けます。

「もし、あなただけが罪を認めたら、あなたはすぐに釈放しよう。もう1人が黙秘していたら、そいつは懲役10年になる。しかし、2人とも罪を認めたら、2人とも懲役5年。一方、2人とも黙秘したらそれぞれ懲役2年だ」

 このとき、2人の囚人はそれぞれ黙秘すべきか、それとも自白すべきかという問題です。

 2人がお互いを完全に信頼できるとわかっていれば、答えは簡単です。相手を信じて黙秘すれば、2人とも2年の刑で済みます。しかし本当に仲間は信頼できるのだろうか、検事になだめすかされて口を割るのではないか、という恐怖心が頭をもたげてきたらどうでしょうか。自分が黙秘しても、相手が自白すれば、相手は無罪放免で自分は10年の刑です。これがもし1回限りの取引だとすれば、「2人とも自白して、2人とも5年の刑」が最悪のリスクを回避した選択となります。

 ちなみに、この状況では、黙秘イコール協調、自白イコール裏切りと言い換えることができます。つまりこの状況では、2人にとって裏切りが現実的な解だということになります。

 はて。少しおかしいと思いませんか?

 現実の社会ではこのような1回限りの取引というのは稀です。たいていの仕事の取引は長期的に継続することを目指していますし、日常生活においても友人関係や買い物に行く店などとも、長期的な関係を前提にしています。1回限りの取引と言われてすぐに思いつくのは、海外の観光地の土産物店での買い物でしょうか。超高級品だと言われて買ったが実際はガラクタだったなどという経験は皆さんにもあるのではないでしょうか。しかしインターネットのレビューが普及したおかげで、昔と比べるとずいぶん減っていると思いますが。

実験で判明、最強の戦略は「しっぺ返し戦略」…守るべき4つの教訓のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事