NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

自民・秋元議員に強制捜査、検察の狙いは菅官房長官か…安倍政権&カジノ潰し

文=神澤志万/国会議員秘書
【この記事のキーワード】

, , , ,

自民・秋元議員に強制捜査、検察の狙いは菅官房長官か…安倍政権&カジノ潰しの画像1
東京地検特捜部による家宅捜索を受けた秋元司議員の地元事務所(写真:毎日新聞社/アフロ)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 12月19日、東京地検特捜部が自民党の秋元司衆議院議員の議員会館と地元の事務所に家宅捜索に入ったことが大々的に報じられましたね。日本でのIR(統合型リゾート)事業に参入しようとした中国企業の元役員らが海外から不正に現金を持ち込んだとされる事件に、関連している疑いが取り沙汰されています。

 検察の職員がずらずらと事務所へ入っていく様子がテレビでも放送されていましたが、実際には国会内は静かなものでした。家宅捜索が行われたことを報道で初めて知った人がほとんどだと思います。というか、今回の家宅捜索をもっとも予期していなかったのは秋元事務所のスタッフだったのかもしれません。

 ただ、神澤を含めて会館内の捜索を見たことのある「経験者」だけは、「今日は秋元事務所に強制捜査が入るな」と予測することができました。家宅捜索の不思議なところは、本人に事前に通告されることはないのにマスコミは承知していることです。さすがに開始時刻までは知らされていないようで、朝から張り込んで待ち構えている記者も多いです。

 秋元議員については、少し前から秘書に対する捜査も行われていましたが、秘書仲間たちは、そういう騒動の渦中にいる秘書たちには声をかけづらいんです。そうなると情報交換ができず、マスコミの動きもわからないので、「今日も電話がバンバン来るのかしら」などと不安な気持ちで仕事をすることになります。

 また、現在の議員会館の事務所は防音設備がしっかりしていて、なかなか廊下の音が部屋の中まで聞こえてきません。こんなときに経験者がいれば、「昨日までひっきりなしにかかっていた電話が今日はちょっと少ない」とか「地方の放送局からは電話があるけど、東京本社からはないな。おかしいな」などと思えるのですが、そんな経験者はほとんどいませんからね。

議員会館の家宅捜索はレアケース

 今回の秋元事務所の件を含め、議員会館事務所に強制捜査が入ったのはここ10年ほどで3回目です。その3件とも、神澤は見ています。

 ひとつは、前回の森裕子参議院議員のアバウトすぎる情報管理の記事でも書かせていただきましたが、小沢一郎衆議院議員の捜査をめぐる件です。

 2010年、民主党の小沢一郎幹事長(当時)の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件の捜査で、秘書として会計事務を担当していた石川知裕衆議院議員の事務所が捜索されています。思えば、この頃の議員会館は建て替え前でしたね。

 もうひとつは、13年の自民党の徳田毅衆議院議員(当時)への捜査です。大手医療法人「徳洲会」グループの幹部らが、衆議院議員選挙の際に違法な選挙運動を行ったとする公職選挙法違反事件でした。

 ほかにも鈴木宗男衆議院議員(当時)の「ムネオハウス」疑惑などがありますが、これは02年の話ですね。議員会館内への家宅捜索というのは、それだけ数少ないということです。

 今回の秋元議員の件は秘書に対する捜査もあって、以前から関係者の間では話題になっていました。神澤が12月19日朝に出勤すると、秋元事務所のある議員会館のすべての出入り口に、見たことのない記者が大勢で張り込んでいたのでピンときたのです。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』 あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。 amazon_associate_logo.jpg

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ