NEW
連載
稲田俊輔「外食のディテール」

餃子の王将、「にんにくゼロ餃子」が逆に“やみつきの美味さ”になった裏で起きた事件?

文=稲田俊輔/飲食店プロデューサー、料理人、ナチュラルボーン食いしん坊
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「餃子の王将 HP」より

日本で一番愛されている餃子

 日本最大の中華チェーン、餃子の王将の看板メニューといえば、いわずもがな「焼き餃子」。日本で一番愛されている餃子といっても過言ではないかもしれません。私自身も、学生時代から今に至るまで大好物です。

 やや大判のなめらかな皮の中に、きめ細かくジューシーな餡がたっぷり詰まっています。油多めでバリっと焼かれるのもこの餃子の特徴ですが、中身の餡が野菜主体でクドくないため、重たさは感じさせません。餃子そのものにシンプルながらややしっかりめの味付けがなされているせいもあり、ビールのお供としてもさることながら、なんといっても白飯のおかずとして最高です。

「本場中国では餃子は餃子単体で食べるものであり、ご飯のおかずにする日本人は変」などと言う人もいますが、こと王将の焼き餃子に関しては、あきらかにおかずとして食べられることを前提としてつくられているように感じます。王将はチェーン店にしては比較的店舗ごとの自由裁量の幅が広いですが、各店ごとに工夫されている定食メニューのなかに、最安値の定食として「餃子定食」がまず間違いなくオンメニューされているのも、それを物語っています。

「にんにくゼロ餃子」登場!

 そんな王将の焼き餃子ですが、2016年、ちょっとした事件が起きました。「にんにくゼロ餃子」の登場です。おそらく王将の狙いとしては、新たな女性客の取り込みや、主に営業職のビジネスマンがランチタイムに餃子を避けざるをえない機会損失を防ぐことなどを狙った商品開発だったのではないかと思います。

『人気飲食チェーンの本当のスゴさがわかる本 』(稲田俊輔/扶桑社新書)

 発売直後、私は興味本位でさっそく注文して食べてみました。そして、一回ですっかりこの餃子の虜となってしまったのです。にんにく不使用が嬉しかったから、ではありません。むしろその味そのものがすっかり気に入ってしまった、というのがその理由です。

「にんにくゼロ餃子」は、通常の餃子から単ににんにくを抜いただけのものではなく、代わりに生姜をたっぷり効かせた味だったのです。生姜のフレッシュな風味と辛味が、油多めでの焼き餃子をさらにさっぱりとさせ、通常の餃子よりむしろ後を引く「ヤミツキ」のおいしさになっていると感じました。また、にんにくの効いた普通の餃子はそうたくさん食べられるものではありませんが、こちらはむしろご飯なしでも飽きずにいつまでも食べられるおいしさ。実際このゼロ餃子の登場以来、私はこの餃子を毎回2人前ずつオーダーするのが常となりました。

関連記事