コロナ感染ゼロ&病床数3位…全国知事会で鳥取・平井知事が「有能すぎる」と話題にの画像1
鳥取県の平井伸治知事(写真:毎日新聞社/アフロ)

 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が4月7日に発令されたことを受けて、対象となる7都府県を含む14人の知事らによる全国知事会の緊急対策本部会議が8日にオンライン上で開かれ、その模様がNHK総合で放送された。

 各ネットニュースでは、東京都の小池百合子知事や大阪府の吉村洋文知事など緊急事態宣言の対象となっている都府県知事らの発言を厚く報じているが、ツイッター上では鳥取県平井伸治知事の発言に注目が集まっている。

 平井知事は、全国知事会の新型コロナウイルス緊急対策本部で副本部長・本部長代行を務める。本会議では、国に求める具体的な対策支援の必要性と方法などをわかりやすく説明した上で、「対象の都府県知事7名は七人の侍であり、残りの40は村民である」とたとえてエールを贈り、国がひとつになってコロナと戦おうと「危機突破宣言」を提案した。

 この平井知事の具体的で無駄のない、かつ熱のこもったスピーチに、ツイッターでは「平井知事の話はシンプルでわかりやすい」「『危機突破宣言』は名演説だと思う」「平井知事の有能さが全国に知れ渡った」と驚きと感動の声で盛り上がった。

 また、鳥取県は現時点でコロナ感染者は発生しておらず、感染ゼロは島根県、岩手県を含む3県のみだ。一方で、鳥取県の感染症病床数は感染者が増えている東京、大阪に次いで全国3位である。これについても、ネット上では「平井知事のスピード対応が効いた」「適切な対応で、あるべきリーダーの姿」と称賛されている。

段ボールでコロナを防ぐ?

 鳥取県と言えば、先日、県庁の各部署で机の間に段ボールで仕切りをつくり、「3密」を防ぐという「鳥取型オフィスシステム」を平井知事自らが打ち出して、話題になったばかりである。

 こういったユニークな対策のほかにも、舞台芸術関連の公演が中止せざるを得ない現状を見て、県内での無観客公演・配信をした場合の経費の一部を助成する方針を固めるといった堅実的な支援も行っている。

 また、6日の県の対策本部会議後に、記者団から「緊急事態宣言の発令後、鳥取県に移る人が増えるのでは?」という問いに、平井知事が「誤った考えだ」と述べたことも見逃せない。

 平井知事は、感染が確認されていない人が鳥取県へ移動してくることを「一概に禁止はできない」としつつ、「外出自粛要請や緊急事態宣言の対象地域の人は、その意義を深く理解するべきだ」と述べた。なんらかの事情があって鳥取県に来る場合は、コロナ感染拡大防止に協力してもらうために、県が設けているルールを明確に伝えた上での協力を求めている。

 コロナ危機に直面している今、平井知事に興味を持つ人が増えるのは自然なことだろう。そして、平井知事がどういった人物であるのか知りたくなるというのも人の性。そこで、平井知事の人柄や活躍がよくわかるエピソードをいくつかご紹介しよう。

「スタバはないけどスナバはある!」

 平井知事と言えば「ダジャレ」。数々の公の場で鳥取県のマイナス部分を逆手に取った自虐ネタを頻発して、県のアピールに成功している。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ