和歌山・ツタヤ図書館、市が公募前にCCCを内定か…事前に市長と面談、内部資料を独自入手の画像1
南海電鉄・和歌山市駅の新複合施設「キーノ和歌山」HPより

 昨年秋以降、「関西初“出店”のツタヤ図書館」と話題を集めながら開館が延期になっていた新和歌山市民図書館が、いよいよ6月5日にグランドオープンする。

 それに先駆けて5月18日からは、カフェエリアを除いて一部オープンし、その全貌がようやく市民に公開された。新型コロナウイルス対策のため、当面は椅子に座っての閲覧や学習室の利用ができないものの、2階の一般書と3階の専門書エリアには立ち入り可。本を選んで借りることはできるとのこと。

 運営者は、TSUTAYAを全国展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)。同社は2013年の佐賀県武雄市を皮切りに、15年神奈川県海老名市、16年宮城県多賀城市、17年岡山県高梁市、18年山口県周南市と、たて続けに公共図書館の運営業務を受託。吹き抜け空間の壁面にそびえたつような高層書架を配置。建物内にスターバックスや蔦屋書店を併設したオシャレな空間が人気を呼び、武雄市では年間90万人(公称)もの来観者数があったとして「官民連携の成功モデル」と、各方面から賞賛を浴びた。

 ところが15年9月、武雄市で同社が当時系列下にあった古書店から仕入れた追加蔵書のリストに、ウインドウズ98の入門書や埼玉のラーメンマップなど、除籍されるべき古い実用書が大量に見つかるという不祥事が起き、増田宗昭社長名で謝罪文を出したのがケチの付け始めだった。

 古本騒動は、新装開館したばかりの神奈川県海老名市にも飛び火した。海老名市では、CCCの独自分類がわかりづらく、スタッフですら配架に時間がかかり、来館者も「本を探しにくい」と大混乱。一緒に運営していた図書館流通センター(TRC)がCCCの姿勢を公然と批判し、提携解消を表明(のちに撤回)する騒動に発展した。

 その後も、全国各地でツタヤ図書館反対の住民運動が巻き起こった。15年10月には愛知県小牧市で住民投票によって、市長が独断で進めていたツタヤ図書館の誘致は中止に追い込まれるなど、CCCが図書館運営に乗り出した“すべての自治体で”、指定管理者の適性を疑うような不祥事や疑惑が起こった。

内部告発資料を独自入手

 そうした大逆風にもかかわらず17年12月、CCCは初の県庁所在地への進出を果たす。和歌山市が南海電鉄・和歌山市駅前に建設を予定している新市民図書館の指定管理者として、CCCを選定したのだった。

 その選定プロセスに疑問を抱いた筆者は、和歌山市に対して「和歌山市駅前再開発について(新図書館が入居する複合施設を開発した)南海電鉄と和歌山市が話し合った内容がわかるすべての文書」の開示を求めたところ、3カ月後に約1400枚の資料が送られてきた。

 しかし、ダンボール箱にギッシリ詰まった資料を開くと、ほとんど真っ黒でカーボン紙の束でも詰められているかのようだった。かろうじて黒塗りされていない会議の日付や出席者、議題などを精査し、それを基に取材と追加の開示請求を行ってきた。

 その結果、当サイトで何度も報じてきた通り、新市民図書館の指定管理者・選定委員会における不正採点疑惑や、CCCと関係の深い建設コンサルタントのアール・アイ・エーを南海電鉄が選定した際の談合疑惑などが浮上。

 しかし、それでも和歌山市が最初からCCCを“決め打ち”していたことの決定的な証拠まではたどりつけなかった。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ