NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

“麻雀狂”黒川前検事長、退職金5900万円を一瞬でギャンブルで“すってしまう”可能性

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

“麻雀狂”黒川前検事長、退職金5900万円を一瞬でギャンブルで“すってしまう”可能性の画像1
「Getty Images」より

 賭けマージャン問題で辞職した黒川弘務前東京高検検事長が、訓告処分に付された行為によって自己都合退職となり、定年退職した場合よりも約800万円減額されるとはいえ、約5900万円もの退職金を受け取ることに批判の声が上がっている。

 もっとも、この退職金を黒川氏がギャンブルですってしまう懸念を私は抱かずにはいられない。当連載で先週指摘したように黒川氏はギャンブル依存症の可能性が高いからである。

 先週は、可能性と述べるにとどめたが、5月28日発売の「週刊文春」(文藝春秋)と「週刊新潮」(新潮社)の記事を読んで、確信に近くなった。まず、「文春」では、黒川氏がよく訪れていた雀荘の元店員の「黒川さんは、週に1~2回、多い時には週3回もいらっしゃいました」という証言が紹介され、「10年以上前から『賭博常習犯』」と報じられている。また、「新潮」にも、「黒川さんは、学生時代から麻雀狂でしたよ」「(雀荘に)文字通り、万難を排してやってくるんです」という雀友の証言が掲載されている。

 まさにギャンブル依存症であり、こういう人はやめたくてもやめられない。マージャンにとろけるほどの快感を覚えるため、誘惑に抗しきれず、二度としないという決意をしても、決して守れないのだ。

 そのうえ、これまでは検事総長の椅子を目指してエリート街道まっしぐらだったが、辞職に追い込まれたことによって、その望みが絶たれてしまった。それによって生じた心の空洞を埋められず、今後歩んでいくべき人生の道しるべを見出せない可能性も十分考えられる。

 こういう時こそ危ない。ギャンブル依存症の患者の話を聞くと、ある目標を達成してその後の目標を見失った空虚感、あるいは逆に目標をあきらめなければならなくなった喪失感にさいなまれている時期に、ギャンブルにはまりやすいことがわかる。

 黒川氏の場合、辞職によって自由な時間が大幅に増えることもあり、喪失感にも空虚感にもさいなまれそうだ。しかも、もともと好きだったのだから、雀荘通いを簡単にやめられるとは思えない。おまけに、顔と名前が知られているうえ、多額の退職金を手にしたことが日本中に報道されたので、いいカモだと思って近づいてくる輩もいるのではないか。

 もしかしたら、海外のカジノにまで“遠征”するかもしれない。もともとカジノでのギャンブルが好きだったらしいので、これまで以上にはまる可能性もある。カジノでは、5900万円くらい、あっという間にすってしまうだろう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ