NEW
三浦展「繁華街の昔を歩く」

大宮、人気の郊外一大拠点の秘密…醸し出される“昭和の良さ”の正体

文=三浦展/カルチャースタディーズ研究所代表
【この記事のキーワード】

, ,

鉄道の街、郊外住宅地としての発展

 大宮というと最近はサッカーJリーグの街、あるいはさいたまアリーナのコンサートに来る街というイメージが若い人には強いかもしれない。

 しかし本来、大宮は鉄道の街として長い間知られてきた。明治27年に日本鉄道株式会社(日鉄、後の国鉄、現JR)の直営工場ができたためである。今も鉄道博物館があり人気である。昭和7年には大宮−赤羽間が電化された。東京−横須賀間に次ぐ2番目に早い電化により大宮町は首都圏の一環に組み入れ、住宅地としても人気が出たたという。

 当時、大宮保勝会は小冊子「電化の大宮と其近郊」を作成し、大宮は「天然の風致に富める大公園、綜合運動場、見沼川の蛍狩り、栗拾い、紅葉狩り、キノコ狩り、<中略>雪見等」が楽しめる「四季の楽天地」である。「省線電車(現JR)は上野駅からわずかに三十分。八分ごとに発着し、交通に恵まれた帝都郊外の理想郷」である。「清浄な空気、水質の最も良い、気候、保健衛生等においても好条件の一大住宅地」と大宮の良さをアピールしている(表記は現代風に改めた)。

大宮公園が歓楽街だった!

 大宮駅開設は商工業の発展にも大きく寄与した。旅館、料理店、運送店、馬車発着所などが駅周辺にでき、各種の問屋も増えた。観光客も多く、料亭男、待合、その他の風俗営業もにぎわった。明治43年には大宮三業組合が設立され、全盛期には置屋31軒、芸者85人だった。

 また明治17年の開設の氷川公園(現在の大宮公園)も、当初は旅館、料亭などの業者に貸し出されていた。園内には旅館料亭の他、飲食店、玉突場、大弓場、射的場、パノラマ、産物・盆栽類陳列場、動物園、図書館、博物館、美術館があったそうで、遊興の一流どころとしては遊園地ホテル、割烹旅館の万松楼、八重垣、石州楼、三橋亭などがあり、なかでも万松楼は大規模で有名だった。公園というより料亭街のようだったのだ。

 しかし昭和4年になると、公園内でのこうした営業は廃止された。公園が行楽地から、子どものいる家族のための健康、スポーツのための場所へと整備されたためである。

遊廓は廃止されたが歓楽街が拡大

 また明治31年には、日鉄工場の跡地に遊廓をつくりたいという「遊廓設置御願」が大宮在住の5人の連名で埼玉県知事に提出された。明治以降の埼玉県内にはかねてより、東京の吉原のような行政が認めた公娼の遊廓をつくろうという一派がいたのだ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ