マクドナルド「モバイルオーダー」が超絶便利!密を避けるためにも利用しない手はないの画像1
新型コロナウイルスの緊急事態宣言にともない、5都道県の全店舗で店内客席の利用を一時ストップしたマクドナルド

 新型コロナウイルス禍で外食産業が軒並み売り上げを急落させるなかにあって、大手ファストフードチェーンのマクドナルドは例外のようだ。先の緊急事態宣言にともない5都道県の全店舗で店内客席の利用をストップするなどしたため、全体の客数はマイナスになったものの、テイクアウトやドライブスルーが好調で、客単価が大きく伸びたというのだ。つまり、コーヒー1杯で長居する客が激減し、ステイホームのファミリー層のまとめ買いが増えたということなのだろう。

マクドナルド「モバイルオーダー」が超絶便利!密を避けるためにも利用しない手はないの画像2
テイクアウトやドライブスルー、デリバリーの利用増加が客単価を伸ばしたという

 自社やUber Eatsによるデリバリーのサービスに加え、この売り上げアップに大きく貢献したのが、スマートフォンやタブレットのアプリからオーダー&決済ができ、店舗で商品を受け取ることができる「モバイルオーダー」だという。

 話題を集めているこのシステムは、どれほど便利なのか? イマイチな部分はないのか? そのあたりをリサーチすべく、「モバイルオーダー」初心者の筆者が、実際にトライしてみた。

どこにいても、オーダー&決済を完了できる

マクドナルド「モバイルオーダー」が超絶便利!密を避けるためにも利用しない手はないの画像3
「マクドナルド」アプリのダウンロード画面

 都内某区で2人暮らしをしている筆者は、自宅にてスマホを取り出し、マクドナルドのアプリを開いた。以前は、クーポンが利用できる既存の「マクドナルド」アプリと「モバイルオーダー」のアプリは別々に存在したが、今はメインの「マクドナルド」内に「モバイルオーダー」機能が実装されたことにより、利便性が飛躍的に増しているのだ。

マクドナルド「モバイルオーダー」が超絶便利!密を避けるためにも利用しない手はないの画像4
「マクドナルド」アプリのトップ画面

 というわけで、「マクドナルド」アプリのトップ画面に「モバイルオーダー」の文字が目立つところにド~ンと表示されているので、その部分を迷わずにタップしてみる。

マクドナルド「モバイルオーダー」が超絶便利!密を避けるためにも利用しない手はないの画像5
現在地の近隣にある店舗がマップ上に表示される

 店舗検索画面に切り替わる。マップ上に現在地の周辺にあるマクドナルドの店舗がポツポツと表示されている。もちろん、現在地の周辺ではない店舗を検索することもできるようだ。

マクドナルド「モバイルオーダー」が超絶便利!密を避けるためにも利用しない手はないの画像6
商品メニュー画面から購入したい商品を選択

 利用したい店舗(今回は筆者の自宅から徒歩5分のお店)を選んでタップすると、商品メニューの画面に移行。店舗と変わらないラインナップで、クーポンによる割引対象の商品もある。ドリンクやサイドメニューのサイズ変更も可能だ。ただし、時間帯によるのか店舗の事情なのか、一部に選択できないようになっている商品もあった。

マクドナルド「モバイルオーダー」が超絶便利!密を避けるためにも利用しない手はないの画像7
ドリンクやサイドメニューのサイズ変更も可能

 商品と数を選んでカートに入れる。カート内を確認したら、「レジに進む」をタップする。すると、次は注文内容の確定画面が表示された。

マクドナルド「モバイルオーダー」が超絶便利!密を避けるためにも利用しない手はないの画像8
注文内容の確定画面。この画面で受け取り方法を選択する

 ここではまず、利用方法を選択する必要がある。今回は記事のテーマに即して「テイクアウト」を選ぶ。なお、一部の店舗のみ「駐車場で受け取る」という選択肢も選択可のようだが、今回の店舗では非対応だったので詳細は不明。「テイクアウト」の下に「ドライブスルーには対応していません」と注意書きがあったので、「テイクアウト」の場合はドライブスルーの窓口で商品を受け取れないということ、「駐車場で受け取る」はドライブスルーとは別物であることがわかる。ただし、あくまで詳細は不明だ。

 次に、画面を下にスクロールさせると、支払い方法の選択肢が表示される。「LINE Pay」と「クレジットカード」の2種類が用意されているが、今回はクレジットカードを選んだ。当然、カード番号などのもろもろの入力が求められる。これがちょっと面倒だが、1度登録すれば2回目以降は不要になるので、頑張って入力する。

 一方、「LINE Pay」を選んだ場合は、もともと同アプリに決済方法が登録されていれば、この段階での細かい入力は不要のようだ。

マクドナルド「モバイルオーダー」が超絶便利!密を避けるためにも利用しない手はないの画像9
支払い方法選択画面。オーダー完了まであと一歩。

 すべての選択と入力が終わったら「注文を確定する」の部分をタップすると、最終確認画面に。ここで「決済を確定する」という部分をタップ!

マクドナルド「モバイルオーダー」が超絶便利!密を避けるためにも利用しない手はないの画像10
オーダー完了!

 すると、スマホのディスプレイには、注文番号と、「ただいまお作りしています!モニターに番号が表示されたらお受取りください」というメッセージ、さらに、店舗までのマップが表示された。

「モバイルオーダー」は、決済を確定した時点で、選択した店舗になんらかの情報が行き、店員が商品を作り始めるようになっているのだ。

「ただいまお作りしています!」という言葉に多少の焦りを感じつつ、マスクを付けて、靴を履いて、自宅から徒歩で5分のお店までトボトボと歩き出した。決済は済んでいるので財布はいらない。

 約5分後に到着。昼時ということもあって、オーダーをするためにレジ前に7人が並んでいた。緊急事態宣言の解除以降、店内飲食も可能となっているので、店内で飲食している人も多い。

マクドナルド「モバイルオーダー」が超絶便利!密を避けるためにも利用しない手はないの画像11
この注文番号がレジカウンター横のモニターに表示されると受け取りOK!

 レジカウンター横のモニターを確認すると、筆者の注文番号はすでに表示されていた。そこで、店員に番号を言って、ササッと商品をピックアップ。8人に増えたオーダー列を冷ややかに見ながら、店から退出する。こうして筆者はさっそく家に帰って、同居人とまだ温かいハンバーガーやフライドポテトを食したのだった。なお、カウンターでスマホ画面の提示は求められなかった。

 結論を述べよう。「モバイルオーダー」は超絶便利だ。今後マクドナルドを利用する際は、デリバリーを除けば、「モバイルオーダー」一択しかない。利用してこなかった今までの自分を恥じた筆者だった。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事