NEW
草野かおる「災害に備える!」

地震で恐ろしい「通電火災」、ブレーカーを落とすのが鉄則…電気ストーブや電子レンジに注意

文=草野かおる/イラストレーター・防災士
【この記事のキーワード】

, ,

地震で恐ろしい「通電火災」、ブレーカーを落とすのが鉄則…電気ストーブや電子レンジに注意の画像1

火災旋風」とは何か、知っていますか?

 オーストラリアで2019年9月に発生した大規模な森林火災では、人や財産、おびただしい数の野生動物が犠牲になりましたが、報道では火災旋風の映像も流れました。その姿は、まるで炎の竜巻、欧米では「悪魔の火」と呼ばれています。炎の温度は1000度を超え、人や物を吹き飛ばすだけでなく、その猛烈な風によって急速な延焼を引き起こします。

 日本での火災旋風でよく知られているのは1923年の関東大震災で、140以上の火災旋風が目撃されています。人間や荷車、材木などを巻き上げながら2km以上もの距離を移動したケースもありました。一番の悲劇は、広場に避難した4万人に火災旋風が襲い、一瞬にして3万8000人を焼死させたことです。

地震で恐ろしい「通電火災」、ブレーカーを落とすのが鉄則…電気ストーブや電子レンジに注意の画像2

 火災旋風には2つのタイプがあり、火柱状の「赤い火災旋風」と、炎を含まない「黒い火災旋風」です。「黒い火災旋風」は、砂ぼこりや煙などを巻き込んで黒い渦になると考えられています。夜間だと見えにくいため、接近に気付かず、深刻な被害を引き起こします。

東日本大震災でも火災旋風が発生

 あまり知られていませんが、東日本大震災でも火災旋風は発生していました。気仙沼市で市街地火災のあった未明(午前 4 時 30 分頃)、消防署員によって目撃されています。

 その様子は、赤い蛇がとぐろを巻きながら、ゆっくりと回っているような姿だったといいます。証言をもとに大きさを計測したところ、その火災旋風の高さは230メートル、幅130メートル以上という、60階建てのビルに相当する巨大なものでした。避難した後ということもあり、幸い犠牲者は出ませんでした。

火災旋風を起こさないためには

 火災旋風は映像も少なく、詳しいメカニズムもよくわかっていません。
起きてしまった火災旋風には、人は立ち向かうことはできません。

 では、私たちができることは、なんでしょうか。それは、シンプルに「火事を起こさない」ことです。

 地震発生時の出火原因は、主に2つ。地震による火事は「発生時の火事」と、「しばらく経ってからの通電火災」です。「発生時の火事」は、洗濯物にストーブの火が移ったり、破損した電化製品のショートした火花、調理中の火が原因で火事が起こります。

地震で恐ろしい「通電火災」、ブレーカーを落とすのが鉄則…電気ストーブや電子レンジに注意の画像3

・火が出たら、初期消火をする。

 消火は最初の3分間が勝負。消火にはやはり消火器が有効です。しかし、火が自分の背丈を超えたら、もはや素人では消火が困難ですから、急いで避難しましょう。

・「通電火災」を起こさない。

 通電火災とは、地震などによる停電から復旧し‟再通電”したときに、電気ストーブやヘアドライヤーなどの熱源から広まる火災のことです。阪神淡路大震災では、通電火災が原因で多くの木造家屋が燃えました。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合