ヤフオク、自衛隊の演習弾やPKO戦闘服が販売…外交問題に発展の懸念、防衛省が調査への画像1
ヤフーオークションより

「自衛隊個人携帯対戦車弾 パンツァーファースト3 110RJM18 演習弾 インテリア置物」(1万5000円)

陸上自衛隊84ミリ無反動砲演習弾使用済み インテリア 置物ジャンク」(1万2000円)

「陸上自衛隊PKO戦闘服一般用上衣」(2万9800円)

 そんな、ぎょっとする商品が3日、ヤフーオークションに出品されていることがわかった。他国の軍隊のデッドストックの軍服や実弾演習で使用した薬きょうなどが、ミリタリーグッズショップなどで並ぶことは多々あるが、自衛隊の装備品は防衛機密の絡みもあって、これまで国内市場ではほとんど出回ることはなかった。

 折しも防衛装備庁・自衛隊は7月26日、不用になった防衛装備品の初のオークションを開催し、航空自衛隊パイロットのヘルメットと酸素マスクのセットが66万円で高額落札されるなどして話題を集めていた。防衛装備庁のプレスリリースには次のように記載されていた。

「中期防衛力整備計画に定められた『収入の確保』に資する取組として、防衛力整備のための実質的な財源の確保を目的とし、『せり売り』(いわゆるオークション)の方法により、物品の売払いを行います。『せり売り』とは、これまで、鉄くず・廃棄物として売払い又は処分していた防衛省の物品について、せりにかけることで、可能な限り高額で売払い、収入の確保に貢献していくための取組です」

国連平和維持活動の戦闘服は悪用されると外交問題に

 今回、当サイトがヤフーオークションで確認した「対戦車弾」と「無反動砲弾」はどちらも演習弾でかつ使用済みのものだ。仮に本物だとしても安全性に問題はない。上記のプレスリリースでも記載されている「鉄くず」「廃棄物」として売り払うか、処分されたものが何らかのルートを通じ、ヤフーオークションで転売されていた可能性が高い。

 「PKO戦闘服」には日章旗とともに、正式な国連旗が記章として縫い込まれている。内側には「陸上自衛隊」「物品番号8415‐162‐1402‐5」「契約者(株)クラレ」「縫製業者 千代田(株)」などと記載されたタグも縫い付けられていた。一般的な迷彩服ならまだしも、国際機関の所属であることを示す制服は、紛争当事国に渡れば悪用される危険性がある。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の関係者は次のように語る。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ