NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

菅内閣発足の裏で森雅子前法相が大ひんしゅく…「最後まで“空気読めないちゃん”だな」

文=神澤志万/国会議員秘書
【この記事のキーワード】

, , , ,

菅内閣発足の裏で森雅子前法相が大ひんしゅく…「最後まで空気読めないちゃんだな」の画像1
森雅子前法務大臣(写真:つのだよしお/アフロ)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 9月16日、菅義偉内閣が誕生しましたね。麻生太郎副総理兼財務大臣や茂木敏充外務大臣、萩生田光一文部科学大臣など再任が8人もいて、「ほとんど代わり映えしない」と言われていますが、新しくデジタル庁もできる予定だし、目新しいところもあるかなと思っています。読者のみなさまは、どう思われましたか?

 神澤的には、小泉進次郎環境大臣を留任させたことは、かなり予想外でした。15日の時点では小泉大臣の留任はないと予想されていたのに、その日の夜になって、小泉大臣が「職務を引き続きがんばりたい」とコメントしていたので、もしかしたら菅さんと直接話をしているのかなと思ったら、まさかの留任。これには少し驚きました。

 また、平沢勝栄広報本部長の入閣が決まったと聞いたので、警察官僚出身だから国家公安委員長だろうと思っていたら、なんと復興担当大臣。これも意外でした。

 一番ホッとしたのは、サプライズ人事として「三原じゅん子議員の入閣が濃厚」と言われていたので、そうならなかったことです。そこは、実力重視の菅元官房長官らしさを感じました。

 武田良太国家公安委員長の総務大臣就任にも驚きましたが、これから携帯電話料金の引き下げをめぐり、大手通信事業社と喧嘩してもらわないといけないので、妥当かもしれません。さすが菅さん、と思ったりもしました。矢沢永吉ファンで知られる武田大臣は、やんちゃで強引なイメージがありますが、仕事は丁寧だと評判なのです。

恐ろしすぎる徹底した“石破潰し”

 それにしても、今回の自民党総裁選挙では、石破茂元幹事長の国会内での嫌われぶりが改めて浮き彫りになりましたね。永田町では、安倍晋三首相の辞任会見の時点で、すでに「次期総裁は菅さん」というのが規定路線でした。とはいえ、少しは波乱があるかもと期待したのですが、圧倒的な得票数で菅さんが当選しましたね。

 岸田文雄政調会長が予想外に伸びず、「どうしても石破さんを潰したい勢力が議員票を岸田さんに譲るかも」なんて噂が両院議員総会の前夜に飛び交いました。結果、その通りに岸田政調会長が89票で2位になりましたし、報道では「『石破総理』がいかに非現実的かを、党内外に示す。石破氏の政治生命の芽を徹底的に摘んでおくということだ」(9月15日付西日本新聞)とまで言う「自民党関係者」も出てきて、世論操作って本当にできるのかも、と思ったりもしました。

 だって、安倍首相が辞任会見を行った8月28日直後の世論調査では、「次期首相は石破元幹事長」の声が圧倒的に多かったのです。たとえば、日本経済新聞とテレビ東京が実施した緊急世論調査では、トップは石破元幹事長28%、次いで河野太郎防衛大臣の15%、小泉環境相が僅差で3位となったそうです。でも、その1週間後には菅官房長官が人気ナンバー1になっています。

 自民党の役員人事も、9月14日の総裁選の結果が出る前から報道され、その通りになりましたし、16日の国会の首班指名選挙の結果が出る前から閣僚人事は決まってしまうし、なんだかワクワク感が一切なく、決められた通りに粛々と進んでいる感じがしました。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』 あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。 amazon_associate_logo.jpg

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ