なぜ三菱は日産・日立とばかり組むのか?日産コンツェルン100年史と三菱自動車買収騒動の画像1
久原鉱業の債務整理に成功し、日産コンツェルンを創始した、鮎川義介。1880(明治13)年、旧長州藩士・鮎川弥八のもとに生まれた。(画像はWikipediaより)

三菱UFJリースと日立キャピタルの合併

 三菱UFJリースと日立キャピタルが、来年2021年の春に合併するとの報道があった。

 いうまでもなく、三菱UFJリースは三菱UFJフィナンシャル・グループ、三菱商事の合弁会社であり、一方の日立キャピタルは日立製作所の持分法適用会社である。合併後は、日立製作所が持ち株を三菱商事に売却し、三菱グループが主導権を握る方向だという。

 実は、日立製作所の母体となった戦前の日産コンツェルン(日産財閥ともいう)の傘下企業と三菱グループ企業との業務提携、経営統合は少なくない。

そもそも「日産コンツェルン」とは何か?

 日立製作所は、もともと日立鉱山の工作機械修理工場を分離して設立された。

 日立鉱山はもともと赤沢銅山と呼ばれていたが、長州出身の事業家・久原房之助(くはら・ふさのすけ)が同銅山を買収。茨城県日立村(現・日立市)にあったので、久原鉱業所日立鉱山事務所と名付けて経営に乗り出し、巨万の富を築いて久原財閥と呼ばれた。

 第一次世界大戦後の反動恐慌で久原財閥は経営危機に陥り、1926年に久原の義兄・鮎川義介(あいかわ・よしすけ/1880〜1967年)に債務整理が委ねられた。

 鮎川義介は元長州藩士の子に生まれ、東京帝国大学機械工学科を卒業。工学士の肩書きを隠し、一職工として芝浦製作所(現・東芝)に入社。現場での経験や近在の工場を見聞した結果、わが国機械工業の弱点が、鋼管・可鍛鋳鉄(かたんちゅうてつ)の製造技術の未熟さだと結論づけた。鮎川は芝浦製作所を2年で退社し、渡米して可鍛鋳鉄の技術を習得。帰国後、親族縁者の支援を受け、1910年に九州戸畑に戸畑鋳物(とばたいもの/現・日産自動車)を設立した。その成功が認められて、久原財閥の経営再建を託されたのだ。

 鮎川は資金調達に奔走。実弟・藤田政輔(ふじた・まさすけ)が藤田家の養子になっていたので、その未亡人に40万円の資金援助を申し入れた。鮎川はそのカネで久原鉱業の債務整理に成功。久原鉱業社長に就任した。

 鮎川は親族による資金拠出に限界を感じていたので、久原鉱業を日本産業と改称して持株会社に改組。大衆資本を動員した「公開持株会社」を実現することで、積極的な事業展開を図った。日本産業は、鮎川の親族が経営する企業を次々と傘下に組み入れ、1930年代後半には三井・三菱財閥に次ぐ、国内第3位の(つまり住友を越える)巨大財閥へと成長した。

 戦後、三井・三菱・住友財閥は、銀行を中核とした企業集団(三井・三菱・住友グループ)へと再編した。換言するなら、銀行を持たなかった日産コンツェルンは、企業集団・日産グループへと再編することができなかった。日産コンツェルンは、親睦会を設けて「日産・日立グループ」と名乗ったものの、三井・三菱・住友グループの対抗勢力にはなり得なかった。

 しかも、1997年に日産生命保険が経営破綻すると、金融当局は日産・日立グループに資金拠出を要請。日産自動車、日立製作所はこれを拒否し、むしろグループを名乗ることにデメリットを感じるようになった。日産・日立グループはかつて春光(しゅんこう)会館で会合を持っていたことから、現在では「日産・日立グループ」と名乗ることさえやめ、春光グループと改称して細々と親睦活動を続けている。