NEW
山崎俊輔「発想の逆転でお金に強くなる『お金のトリセツ』」

スタバもアトレも…カードのアプリ化加速!ポイント何重取りも、ついに財布にカード0枚?

文=山崎俊輔/フィナンシャル・ウィズダム代表
【この記事のキーワード】

, ,

スタバもアトレも…カードのアプリ化加速!ポイント何重取りも、ついに財布にカード0枚?の画像1
アトレの店舗(「Wikipedia」より)

 この秋はポイントカードやプリペイドカードの世界で大きな変革がありました。タリーズがカードのアプリ化を実現、JRの駅ビル・アトレもアプリ化の本格展開を始めています。財布にポイントカードが0枚となる時代はやってくるでしょうか。

ポイントカードが財布を圧迫した……のは過去の話

 財布を圧迫するもののひとつにポイントカードやプリペイドカードがあります。私はポイントカード用ケース(「よつばと!」のダンボーデザインの名刺入れを流用)を使っていますが、一時期はこれがパンパンに膨らんでレザーが伸びてしまったほどでした。

 一方で、ファイナンシャルプランナーとして「割引のお得」を考えると、プリペイド使用によるその場の割引や、ポイントをゲットしたことによる後日の割引を捨てるにはしのびなく、ひたすらポイントカードを持ち歩く時期がありました。

 ところが、年々ポイントカードケースはスリム化してきており、とうとうポイントカードは3枚というところまできました。実はあなたのポイントカードも、カードレスにできるかもしれません。だとすれば、財布を圧迫しているやっかいごとから解放されることになります。

 今年に入ってからこの秋にかけてやってきた「アプリ化」のトレンドについてまとめてみます。

タリーズもカードをアプリ化 大手カフェチェーンは概ねアプリ移行を完了

 この秋、大きな変化があったのは「タリーズ」のプリペイドカードのアプリ化です。タリーズは、一杯ごとに10円を引いてくれるというプリペイドならではの割引が魅力で、Suica等の電子マネーにお店が対応していても、割引率を考えるとカードを手放せないお店でした。

 これがアプリ化をし、またクレジットカードからのオンラインチャージにも対応しました。これにより「クレカチャージに際してポイントゲット」+「一杯ごと10円割引」の二重ゲットが可能になったわけです。

 現在、大手コーヒーチェーンでは、以下のプリペイドカードがアプリ化を完了しています。

「スターバックス コーヒー」

「ドトールコーヒー/エクセルシオールカフェ」

「上島珈琲店」

「サンマルクカフェ」はポイントカード機能のみですが、アプリを使えます。「コメダ珈琲店」はアプリは独自プリペイドカードのコメカでオンラインチャージのみ可能となっています。

 一気に変化があったのは、スタバがポイント機能を含むアプリ化を一気に進めたことでしょう。LINEと連携したカード発行、チャージもできますが、これがかなりお得です。

 スタバ、ドトール、上島珈琲店、タリーズと4枚のプリペイドカードを持ち歩いていた私のような人は、いきなりカードケースがスリムになったわけです。

関連記事