【日テレ・2020年度版】女子アナ・ベスト9!水卜麻美だけじゃない、意外と人材豊富の画像1
「日本テレビ HP」より(以下同)

 2020年現在の東京キー局各局の女子アナの活躍度を野球の打順に見立てて、徹底分析するこの企画。第3回となる今回は、日本テレビ編だ。なお、DH制を採用した打順にしており、10番目にエースとなる投手を入れている。

1番 市來玲奈アナ

 まず、1・2番にはテレビ朝日同様に同期入社コンビを並べてみた。2018年入社組の市來玲奈アナと岩田絵里奈アナである。

【日テレ・2020年度版】女子アナ・ベスト9!水卜麻美だけじゃない、意外と人材豊富の画像2

 市來アナといえば、入社1年目の10月から人気番組の『行列のできる法律相談所』の3代目秘書MCとして、もうすっかりお馴染みの存在となっている。だが、その一方で昨秋から今秋までの約1年間、『Oha!4 NEWS LIVE』の水曜日メインキャスターを担当すると同時に、平日版の『news every.』の金曜日サブキャスターもこなしていた。

 この秋で『Oha!4 NEWS LIVE』は卒業したものの、『news every.』のほうは逆に月~水と3日間、サブキャスターを担当するようになったのである。本格的にバラエティと報道の両立に挑む形となったワケだ。まさに長打力と確実性の両方を備えた1番打者という感じだろうか。今後の活躍に期待したい。

2番 岩田絵里奈

【日テレ・2020年度版】女子アナ・ベスト9!水卜麻美だけじゃない、意外と人材豊富の画像3

 続く2番に起用した岩田アナは、入社1年目の秋から担当している『世界まる見え! テレビ特捜部』の進行役が好評だ。さらに今年4月からは、これまた人気バラエティ『沸騰ワード10』の進行役も任されている。大先輩の水卜麻美アナの後を継いで、“日テレバラエティの顔”となりつつある感じだ。

 加えて毎年12月にオリコンが発表する“好きな女性アナウンサーランキング”で8位と、初のランクイン入りを成し遂げた点も大きい。モノマネがプロ並みにうまく、笑顔が可愛い彼女だが、ただ可愛いだけでなく、観ていて癒されるし、そうかといって媚びてる雰囲気もないので、同性からの好感度も高いのである。

 原稿読みも非常に聞き取りやすい声をしているし、噛まないところも彼女の魅力のひとつであろう。要は2番といっても“つなぐ”2番ではなく、現代野球の2番タイプか。塁上にランナーがいた場合、一発長打を打って“チャンスを拡大する”役目を担うことが期待できる。

3番 郡司恭子

【日テレ・2020年度版】女子アナ・ベスト9!水卜麻美だけじゃない、意外と人材豊富の画像4

 この入社3年目の若手コンビに続くクリーンナップ。3番には郡司恭子アナを置いてみた。現在は『情報ライブ ミヤネ屋』の月・火曜日のニュースコーナーを担当するほか、『夜バゲット』のMCや、つい先日も放送された『ものまねグランプリ』(不定期放送中)のアシスタントMCなどを担当している。

 30歳を迎えた彼女だが、その魅力は笑顔がキレイな“大人のお姉さん”的雰囲気を漂わせていること。『ミヤネ屋』でニュースを読んでいるときの読み方も上手いし、そのときのキリッとしている表情も凛々しいが、一通りニュースを読み終えたあとの番組MC・宮根誠司とのやり取りに、いつもほっこりとさせられる。

 ここ最近、彼女が伝えるニュースの中に宮根が些細な疑問を抱くと、次までに郡司アナがその問題にちゃんとした回答を持ってくるような“宿題形式ニュース”になることが目立っている。その難問を振られた際の困ったような表情や、逆にその次の日にしっかりとした回答で疑問に答えて得意気な顔になったりと、とにかく郡司アナと宮根のやり取りは面白いので、今後も続けてもらいたい。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合