NEW
石原結實「医療の常識を疑え!病気にならないための生き方」

相撲力士、なぜ12人に1人がコロナ感染?肥満も原因か…今、肥満の人は痩せる努力が重要

文=石原結實/イシハラクリニック院長、医学博士
【この記事のキーワード】

, ,

相撲力士、なぜ12人に1人がコロナ感染?肥満も原因か…今、肥満の人は痩せる努力が重要の画像1
「Getty images」より

 横綱・白鵬新型コロナウイルス感染が1月5日に明らかになった。3日に嗅覚異常の症状があったため、PCR検査を受け、陽性が判明した。大相撲界での感染者数は一般人と比べ際立って多い。

2020年4月10日:勝武士(高田川部屋、三段目力士)

     25日:高田川親方ら6人の感染発表

    9月6日:玉ノ井部屋で計24人の感染判明

   12月10日:立浪部屋で計11人の感染判明

     31日:荒汐部屋で計12人の感染判明

 去年1年間で54人もの力士および部屋関係者の感染が確認されている。そして、今年早々、史上最多44度の優勝回数を誇る「日本一強い男」がコロナウイルスに感染し、力が強くても必ずしも抗病力=免疫力は強くないことを世に知らしめた。大相撲一月場所の十両・幕内力士15人がコロナ関連で休場しているのだから、事は穏やかではない。

 江戸時代の強豪力士、2代目谷風梶之助は、通算成績(勝率)が大相撲史上最高の「258勝14敗」で昭和の名横綱双葉山の「69連勝」に次ぐ「63連勝」(白鵬の連勝記録も同じ)の記録を残している。ほかの力士には「俺に勝つのは無理だから、俺に勝つには俺が風邪をひいたときに来い」と豪語していたという。ところが谷風はインフルエンザ(コロナウイルスと同じウイルス疾患=流行性感冒)と考えられる風邪にかかって亡くなった。当時の人々はそれを「谷風邪」と呼んで恐れたという。

肥満者の割合が低い日本人

 昨年4月から今年の白鵬の感染までの力士の感染者数は約50人にもおよび、幕内、十両、幕下、三段目、序二段、序の口、までの全力士数約600人の約12分の1が感染したことになる。つまり、一般人の感染率からすると格段に多い。

 その原因は、食べすぎによる「肥満」といってよいだろう。昭和30年代(1955~1964年)頃の力士の平均体重は「112~115kg」くらい、今の力士たちのそれは「165kg」(平均身長185cm)と、巨大化・肥満化している。早朝から猛稽古を3~4時間して、食事も昼・夕の2食ではあるが、1回の食事の量が多すぎるのである。

 肥満指数(Body Mass Index=BMI)は、

・体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

で表される。日本人の標準的な男性の身長・体重は「170cm、70kg」というから、

・BMI=70÷1.7÷1.7=24

である。BNI=30以上が「肥満」と定義されている。各国のBMI=30以上の肥満者の割合は、

・米国:37%

・英国:30%

・イタリア:23%

と欧米人は肥満者がずいぶん多いが、日本=4.4%と極端に少ない。この事実こそ、欧米人に比べ日本人のコロナ感染症の罹患率、死亡率が2桁も低い理由であろう。

 漢方医学では2000年も前から「万物一元、血液の流れから生ず」と喝破している。血液の成分など皆目わかっていなかった時代にそう推測していたのである。血液の成分をほぼ完全に解明している現代医学的に「血液の汚れ」を解析すると、「血液中にコレステロール、中性脂肪、糖などの栄養物、尿酸、乳酸、クレアチニン、尿素窒素などの老廃物が過剰になっている」状態である。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合