中国・始皇帝ドラマ『大秦賦』暴君礼賛&原作改変騒動、人民が恐れる「文化大革命の影」の画像1
中国SNS「豆瓣」『大秦賦』公式ページより

 中国の大河ドラマ『大秦賦』(制作:陝西テレビ、国風影業投資)の問題点はなんなのか――。共同通信は18日、北京発で記事『中国、始皇帝ドラマが物議 「暴君礼賛」に懸念の声』を配信した。ドラマは秦帝国の勃興と歴代の秦王、始皇帝らの治世を描いた作品。共同通信の記事では触れられていないが、日本国内の華僑からは「『暴君礼賛』が問題なのではなく、何らかの思惑で原作者を無視した作品になりつつあることが問題なのだ」との声も聞かれる。

 共同通信の記事を以下、引用する。

「中国で秦の始皇帝を扱った国営中央テレビのドラマ『大秦賦』が物議を醸している。始皇帝は初の中国統一を成し遂げたが、激しい言論弾圧を行い圧政を敷いたとされる。会員制交流サイト(SNS)には『暴君の礼賛』『歴史の美化』との声も。習近平指導部による集権を正当化する狙いではないかと懸念する人もいる」

文化大革命時に礼賛された始皇帝

 一方、ドラマを視聴している全日本台湾連合会関係者は近現代の中国史を踏まえ次のように解説する。

「より正確に言えば、作品の内容が『暴君礼賛』なこと自体が問題ではないのです。中国の歴史上の皇帝や王には、いろいろな側面があります。一般的に悪役とされている三国時代の曹孟徳(曹操)ですら、政治家・文化人として評価する見方もあり、そういう作品も中国内にあります。日本でも織田信長はいろいろな意味で賛否両論ある人物ですが、ヒーローの側面を強調して描くこともあるでしょう。それと同じです。

 今回の『大秦賦』が物議を醸しているのは、まずドラマの脚色が原作からかけ離れ始めている点です。加えて、そういう脚色がなぜされているのか、その理由がはっきりしないため、政府からの介入や、制作側の政府への忖度があったのではないかとの疑惑が噴出しているのです。

 こうした疑惑が噴出する背景に、中国共産党が1970年代の文化大革命時に、本作の主人公である秦王政(後の始皇帝)を『反革命的な儒者を一掃した英雄』として、党を挙げて持ち上げた事実があります。始皇帝は自身の統治に批判的だった儒者を弾圧したことで知られています。

 文革時の中国共産党は、始皇帝の法家思想(法による中央集権制度)を礼賛する一方、孔子や儒教思想家を『奴隷主貴族階級』と名付けて糾弾しました。

 始皇帝の焚書坑儒(書を燃やし、儒者を生き埋めにする)も肯定し、紅衛兵運動時の知識人迫害を煽る要因の1つにもなりました。だから、始皇帝は当時のことを思い出す存在として、国民にとってはセンシティブな人物なのです。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合