兵庫県職員、業務上ミスで300万円を個人弁済…住民が公務員個人を提訴・責任追及の風潮の画像1
兵庫県公式サイトより

 兵庫県の貯水槽で、排水弁を閉め忘れるミスをした県職員の50代男性が、このミスによって生じた水道代約600万円の半額約300万円を個人弁済したというニュースが注目を集めている。

 産経新聞インターネット版は8日、記事『多額水道代で担当職員が300万円支払い 兵庫県知事「おわびする」』を公開。「県は職員の責任は重いと判断。昨年11月に訓告処分にするとともに、裁判例などをもとに県が半額について職員個人に賠償を請求し、同年内に約300万円を支払った」と報じた。確かに税金の無駄遣いはあってはならないことだが、ミスをした県職員本人がその損害を弁済するという異例の事態に、インターネット上を中心に驚きの声が見られた。

知事「2分の1の損害賠償もしていただくことにいたしました」

 県の発表資料などによると、同ミスは2019年10月、委託業者が神戸市中央区の本庁舎西館の貯水槽の年1回の定期点検の際に水道の閉め忘れがあり、約1カ月間、放置されていた。点検に立ち会った管財担当の職員が「あとは自分が行う」と言って業者を帰し、そのまま水道弁が開いていることに気が付かなったことが原因という。

 井戸敏三兵庫県知事は2月8日、県庁で開かれた定例記事会見で次のように語った。(下記埋め込み動画参照:該当部分は24分45秒くらいから)

「本来であれば業者の方が最後までしっかり見届けて対応すべきだったのを、管財の職員が、最後のチェックを怠ってしまった。

 常時監視しにくいところということもあったので、結果として1カ月、水漏れをふせぐことができなったという行為です。点検度合いがゆるかった、(点検回数が)少なすぎたということもあるので、今後は対応の仕方を気を付けていくことになるとは思います。

 そのような職員ミスが原因で県に大きな損害を与えてしまったことについては、県民の皆様に、率直にお詫びを申し上げなくてはいけないと思っています。当該職員については、懲戒処分を行い、2分の1の損害賠償もしていただくことにいたしました」

 知事の発言で気になるのが、「2分の1の損害賠償もしていただくことにいたしました」との発言だろう。損害額が大きいとはいえ、県管理下の勤務時間内のミスであることに変わりはない。インターネット上では「支払わせるのは筋が違う」「たしかに責任は重いけど個人が罰金みたいに支払うものなの?退職金が減るとかならわかるけど。2重チェックとかこういう事が起こらないようなシステムを作らなかった県庁の問題では」などという疑問の声も散見された。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合