組織委会長“有力候補だった” 山下泰裕は、本当に森の女性発言を止めようと思ったか?の画像1
山下泰裕JOC会長

 大揉めの東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会長人事。2月16日に日刊スポーツは、山下泰裕JOC(日本オリンピック委員会)会長が有力と報じた。しかしその後、橋本聖子五輪相が浮上している(18日時点)。ここでは山下氏について書こう。

 組織委の森喜朗会長辞任が報じられた2月12日、緊急会合が開かれた東京・晴海の「トリトンスクエア」には、驚くような数の報道陣が集まっていた。筆者も現地取材したが、15時からの会合は代表撮影だけが許され、記者たちは控室でリモート映像を見るだけ。「女性の理事が入ると長くなる」と宣ったはずの森氏は長々と自分の功績を話し、「長い83年の歴史のなかで本当に情けない」としたが、「そういう(女性蔑視の)意図でものを言ったわけではないが、多少意図的な報道があったんだろう」とも語った。これが本音だろう。リモートでも見られたのはそれだけ。あとは「密談」が17時過ぎまで続いた。

 森氏が登場しない武藤敏郎事務総長による記者会見の直前、記者控室に川淵三郎氏(日本サッカー協会相談役)が現れた。短時間の囲み取材だった。後任の会長就任について「最後の大仕事」と張り切っていたが、密室での森氏から川淵氏への「密室禅譲」が批判され、撤回した。自分のマスコミへのリップサービスが墓穴を掘ったと淡々と話していたが、「もうやめよっと」と出て行った。

 入れ替わって入ってきたのは山下氏。全日本柔道連盟(全柔連)の会長でもある。最初に質問を制して「発言は不適切で辞任は仕方ない」として話し出したが、ほとんど森氏の功績をたたえる内容だった。森発言の後、山下氏は会見で「(森発言を)止めようと思ったがタイミングを逸した」など話していたが、筆者は素朴な疑問を持っていた。「止めなければいけないなどと本当に思ったのだろうか?」と。

山下氏「たぶん、応援のつもりで来たと思いました」

 余談だが筆者は1つ歳下の山下氏の柔道に憧れ、大学から柔道部に入ってしまった。柔道は弱かったが、今も全日本選手権や世界選手権などの取材に駆け付け、山下氏の会見などに接してきた。非常に誠実な人物との印象だ。

 だが、今回は「嘘だろう」と感じていた。若い記者たちは驚いたようだったが、至近距離で単刀直入に質問した。以下に再現しよう。

筆者「森さんの発言が出た時のことですが、山下さんは『発言を止めようと思ったけどタイミングを逸した』というようにおっしゃったと思いますが、本当でしょうか。同じ世代で同じような教育を受けた僕なら思わないと思います(周囲から小さな笑い声)。あとになってマズいなと思っての、後付けだったのではないでしょうか?」

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合