NEW

マック、期待の“復刻バーガー”が「微妙」すぎる…ファンの間で賛否が分かれる商品5選

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

【完了】マック、期待の復刻バーガーが「微妙」すぎる…ファンの間で賛否が分かれる商品5選の画像1

 二度の緊急事態宣言発令に伴う営業時間短縮や営業自粛要請、来客数の減少など、飲食業界全体の基盤が大きく揺らぐなかで、大手ハンバーガーチェーンのマクドナルドは、テイクアウトやドライブスルー、デリバリーなどのサービス向上に力を入れ、withコロナ時代にうまく対応して売り上げを確実に伸ばしている。

 2021年2月の客数は前年同月比11.3%減だったが、既存店売上高は前年同月比で1.0%の微増となっており、客単価も前年同月比13.8%増を記録している。日本のマックを運営している日本マクドナルドホールディングスが2月9日に行った2020年12月期決算説明会によれば、2015年第4四半期から21四半期連続でプラスを記録しているという。

 そんな逆境にも強いマックは、今年もさまざまな商品を登場させている。なかにはクオリティの高さから大きな支持を得ている商品もあるが、少々難のある商品が存在するのも事実。

 そこで「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」では今回、マックの定番メニューから期間限定メニューまで独自にリサーチし、「この春、オススメできないマクドナルドのメニュー5選」をピックアップした。あくまで調査班の独断ではあるが、マックでの食事の参考にしていただければ幸いである。

ヤッキー(しょうが焼きバーガー)/200円(税込、以下略)

【完了】マック、期待の復刻バーガーが「微妙」すぎる…ファンの間で賛否が分かれる商品5選の画像2

「ヤッキー(しょうが焼きバーガー)」は、2017年2月に“おてごろマック”として発売され、2018年6月に販売を終了した。約2年半の時を経て2020年1月20日に復活することとなったヤッキーに対してはマックファンから期待が高まっていたが、SNS上では「思っていたよりも微妙だった」という声が散見された。

 その原因のひとつとしては、生姜の風味を強く意識しすぎたことが考えられる。口に入れた瞬間から生姜の香りが広がるのだが、鼻にツンと来るような強めの香りで、少々キツく感じられた。生姜の風味の強さから、ヤッキーと入れ替わりで販売を終了した「マクポ(ベーコンマックポーク)」を恋しく思う声も多く上がっている。

 しかし、200円という低価格ながら存分に生姜の風味を楽しめるという意味では、お得な商品ともいえる。肉々しいパティに生姜のピリっとしたアクセントが効いていて生姜好きには堪らない商品だが、生姜の香りや味に多少苦手意識がある方は注文を避けるのが無難だろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合