NEW

藤井聡太フィーバーの裏、渡辺明の“しぶとい強さ”が注目…史上6人目の4冠が目前

写真・文=粟野仁雄/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

藤井聡太フィーバーの裏、渡辺明の“しぶとい強さ”が注目…史上6人目の4冠が目前の画像1
渡辺明名人

 藤井聡太(18)の最年少タイトル、最年少二冠に沸いた2020~21期の将棋シーズンが終わり、4月から新たなシーズンがスタートした。現在、8つのタイトルは藤井が棋聖と王位、豊島将之(30)が竜王と叡王、渡辺明(36)が名人、棋王、王将、永瀬拓矢(28)が王座と4人が分け合っている。ここへ来てみると、やはり渡辺明三冠の強さが光る。といっても、渡辺は三冠のうち二冠を3月に防衛したばかりだった。

 渡辺は3月14日に島根県大田市で開かれた王将戦の第6局で、「軍曹」のあだ名を持つ挑戦者の永瀬王座を破り、4勝2敗で王将位を3連覇した。永瀬には初戦から3勝していたがその後、連勝されて追いすがられたが振り切った。第6局は「千日手」(同じ局面が繰り返されること。4回で先手後手を入れ替えての指し直しとなる)になる熱戦だった。

 王将の獲得は通算5期である。これで通算のタイトル獲得は27期となって歴代4位の谷川浩司九段(58 永世名人資格)に並んだ。さらに3日後の17日には、東京で開かれた棋王戦5番勝負の第4局で、挑戦者の糸谷哲郎八段(32 元竜王)に勝利し3勝1敗で9連覇を達成した。

 これで通算のタイトルは28期となり、谷川を抜いて単独4位となった。対局日程も実に過酷だったが、たった3日間で大名人に「追いつき追い抜く」芸当を成し遂げたのだ。

 ちなみに通算タイトル記録のトップはご存じ羽生善治九段(50 永世七冠資格)の99期、そして2位が大山康晴十五世名人(故人)の80期、3位が中原誠十六世名人(73)の64期だから、いくら渡辺とて中原を抜いての「銅メダル」への道程はまだまだ遠い。

 渡辺は2016年、竜王時代、挑戦者の三浦弘行九段の「スマホカンニング騒動」に巻き込まれ、一時は順位戦のA級からB級1組に陥落するなど不調だったが、すぐに持ち直した。しかし三冠を維持していた昨年7月16日に大阪で挑戦者の藤井に棋聖位を奪われ、藤井の「最年少タイトル」の立役者になってしまった。これで二冠に後退したものの8月15日には大阪で、豊島名人に挑戦していた名人戦の第6局で勝利して4勝2敗で念願の名人位を初めて奪った。

「現在の最強棋士」

 考えてみれば、「現在の最強棋士」といわれ、竜王在位の通算11期をはじめとし、「通算27期」を誇る渡辺ほどの棋士が、この時まで名人に届かなかったことも不思議だった。逆に森内俊之九段(50 永世名人資格)は通算タイトルが12期であるが、このうち8期が名人位であり、名人戦には滅法強かった。タイトルにはどこか棋士との相性のようなものもあるのかもしれない。

 筆者も駆けつけた大阪での名人戦後の会見で渡辺は、「年齢的にもいつまでタイトルが狙えるかもわからないので、取れる時に取っておきたい」などと語っていたが、振り返ればこの時に名人を獲得してすぐに三冠に戻り「ずるずる後退」を防いだのが大きかったようだ。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合