紀州のドン・ファン殺人、「消去法的」逮捕の危うさ…不可解な動機、薄い物的証拠の画像1
野崎幸助さんの著書

 忘れていた頃の「やっぱりそうだったか」――。

「美女4000人に30億円を貢いだ。いい女を抱くためだけに私は金持ちになった」と豪語していた「紀州のドン・ファン」。欧州伝説の好色男に自らを重ね、2018年5月24日に和歌山県田辺市の自宅で不審死したのが資産家の会社社長、野崎幸助さん(当時77歳)である。

 あれから3年。和歌山県警は4月28日早朝、野崎氏の元妻で自称モデルの須藤早貴容疑者(25)を、殺人罪と覚せい剤取締法違反の容疑で東京品川区のマンションで逮捕。長い髪で白いワンピース姿の同容疑者は同日中に田辺署へ身柄を移送された。捜査本部は、須藤早貴容疑者が野崎氏に致死量の覚せい剤を摂取させて中毒死に追い込んだと断定した。須藤容疑者は死亡する3カ月前に野崎氏と結婚していた。

 会見した和歌山県警の徳田大志刑事部長は須藤容疑者の認否については明かさなかったが、逮捕時は素直に従ったという。

 逮捕の根拠は、須藤容疑者が、野崎氏が死亡する直前に2人だけで夕食をとっていたことと、覚せい剤を入手していた証拠をつかんだことだ。覚せい剤の密売人とのメールのやり取りなどが確認された。覚せい剤や人を殺す方法を調べた痕跡もあったという。覚せい剤を入手したのは須藤容疑者と断定し、ルートを追っている。

須藤容疑者に毎月100万円を渡す

 事件当日、食事を終えて野崎氏が2階に上がり、須藤容疑者が家政婦と一階にいたとき、ドンドンという音が聞こえたという。しばらくして見に行くと、野崎氏は裸のままソファの上でぐったりしていた。家政婦が心臓マッサージしたが助からなかった。須藤容疑者は当初から疑われ、当時メディアにも追い回されていたが何も語らなかった。ドンドンという物音は野崎氏がもがき苦しんでいたとも考えられる。断末魔で意識が薄れゆくなか、「あの女にやられた」と思ったのだろうか。

 野崎氏は非常に用心深く、自宅には多くの防犯カメラを設置していたが、映像解析でも殺された当日は夕方以降に外部からの侵入者や訪問者はなかった。県警が野崎氏の遺体を司法解剖したところ、胃や血液から致死量(0.5~1グラム)をはるかに超える多量の覚せい剤が検出された。しかし野崎さんの体には覚せい剤の注射痕はなく、毛髪検査でも覚せい剤の成分は出なかった。

 このため野崎氏が覚せい剤を常用していることはないとみた。胃から覚せい剤が出たことから、捜査本部は飲料に混ぜるなどして口から摂取した可能性が高いとみている。さらに、尿からは覚せい剤成分が出ていないため、摂取してから1時間以内に死亡したとみている。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合