元厚労省キャリア官僚が見たブラック霞が関の本当の問題点…長時間残業&官邸主導の弊害の画像1
厚生労働省本省庁舎(中央合同庁舎第5号館)(「Wikipedia」より)

 過労死ラインとされる月80時間を優に超える残業は当たり前、予測不能な国会対応などでテレワークは一向に進まない……。今、霞が関で働く官僚の多くは過重労働を強いられ、離職者の数は増加の一途をたどっているという。

 そんな中、元キャリア官僚の視点から、霞が関で常態化している過酷な労働の実態や構造的な問題を炙り出した『ブラック霞が関』(新潮社)が話題を集めている。著者の千正康裕氏に、本書に込めた思いや官僚の働き方が変わるために必要なことについてうかがった。

千正さんにもドクターストップが

『ブラック霞が関』というタイトルだけを見ると、官僚の働き方に対するネガティブな記述に大部分が割かれ、霞が関の過酷な労働環境を告発することに主眼が置かれた本だと想像する人も多いだろう。

 しかし、本書は霞が関の労働実態を伝えるルポタージュとしてだけでなく、世間に知られていない官僚という仕事のディテールや魅力が余すところなく描写されており、その仕事の真髄を読み取ることもできる。

 著者は18年半もの間、厚生労働省の職員として数多の法律改正に携わった経験の持ち主だが、どのような経緯で官僚の道に進むことになったのだろうか。

「僕は物心ついた頃から、クラスで起こっている問題は直接自分と関係なくても解決しないといけないと思い込んでいた、俗に言う“ガキ大将”タイプでした。その後も、学級委員長や部活のキャプテンをやるなど常にみんなのことを考えているというのが自然でした。自分のコアな部分とギャップの少ない仕事に就こうと思いました。『利益を気にせず、24時間365日、常にみんなのことを考えて仕事ができる』という点に惹かれて、キャリア官僚を志しました」(千正氏)

元厚労省キャリア官僚が見たブラック霞が関の本当の問題点…長時間残業&官邸主導の弊害の画像2
『ブラック霞が関』(新潮社/千正康裕)

 千正氏は2001年に厚労省に入省後、医療、年金、子育て、女性活躍、働き方などさまざまな分野の法改正に従事。月100時間以上の残業が当たり前の環境下でも、楽しく充実した日々を過ごしていたという。

 2019年には「医師の働き方改革」という難しいプロジェクトのマネジメントを任されるが、人員不足などにより、夜中の1時、2時まで仕事をして朝6時台に起きる日々が続き、重要な政策の進行を一身に背負うプレッシャーも相まって、体力は限界を迎えた。

「最終的にはドクターストップがかかり、約3カ月の休養を取ることになりました。それまでは官僚として充実していたし、厚労省のことも大好きでした。周りにもそういう仲間がたくさんいたこともあり、組織の明るい面ばかり見えていました。復帰したときに、多くの同僚が『あなただけがつらいんじゃない』と僕を気遣って言ってくれたのだと思いますが、『実は自分も倒れる寸前だった』『あの部署でも何人も休職者が出た』といった話をしてくれました。このままだと組織として国民の期待に応えられなくなってしまうのではないか、という危機感を持ちました。それから、同じような問題意識を持つ他省庁の仲間ともどんどんつながりました。厚労省だけじゃなくて、霞が関全体の構造問題だということがわかってきました」(同)

『ブラック霞が関』 朝七時、仕事開始。二七時二〇分、退庁。ブラック労働は今や霞が関の標準だ。相次ぐ休職や退職、採用難が官僚たちをさらに追いつめる。国会対応のための不毛な残業、乱立する会議、煩雑な手続き、旧態依然の「紙文化」…この負のスパイラルを止めなければ、最終的に被害を受けるのは国家、国民だ。官僚が本当に能力を発揮できるようにするにはどうすればいいのか。元厚生労働省キャリアが具体策を提言する。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合