NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

安倍前首相の高市早苗支持は森喜朗の指示?永田町で暗躍する4人のキングメーカーの名前

文=神澤志万/国会議員秘書
【この記事のキーワード】

, , , ,

安倍前首相の高市早苗支持は森喜朗の指示?永田町で暗躍する4人のキングメーカーの名前の画像1
高市早苗前総務相(「gettyimages」より)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 9月29日の自民党総裁選まで1週間を切りましたね。立候補しているのは、届け出順に河野太郎行革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行で、なんと複数の女性が立候補したのは1955年の結党以来初めてだそうですよ。

 それもあってか、近年にない盛り上がりを見せていますよね。読者のみなさまは、前回の総裁選をご記憶でしょうか? 実は、神澤の「心に残る総裁選」は20年も前ですよ(苦笑)。

 2001年4月の総裁選で、小泉純一郎議員が3回目の挑戦で当選したときです。当初は橋本龍太郎、麻生太郎、亀井静香の各候補にかなり負けていましたが、「自民党をぶっ壊す!」とか「私の政策を批判する者はすべて抵抗勢力」などのわかりやすいスローガンで徐々に注目され、直前まで所属していた清和会の全面的な支援を受けて地滑り的な勝利を果たしたのです。田中真紀子議員の応援演説も注目されて大人気でした。

 話はそれますが、このあと田中議員は小泉内閣の「サプライズ人事」で外相に就任しましたが、派閥闘争や対中国政策の対立もあって辞任、民主党に移籍します。田中議員はお金も人気も圧倒的にあったのに、永田町や霞が関の事情でポストを追われ、所属政党まで変わってしまうことには驚きましたね。改めて「永田町はすごいところなんだなあ」としみじみ感じたことを思い出しました。

SNS戦略では河野&高市がリード?

 現在の選挙戦の特徴は、やはりインターネットの活用ですね。かつての総裁選では、候補者たちは全国を遊説して自民党員だけでなく国民のみなさまに主張を訴えていましたが、今回はコロナ禍もあって、各候補はツイッターなどSNSでの発信に力を入れています。

 さらに、インターネットテレビや地上波テレビ、新聞や雑誌の取材にも応じ、あらゆるメディアを利用して支持を広げる努力をされています。以前から河野大臣のツイッターは人気でしたが、高市議員のツイッターも注目されていて、大学生など若い方もフォローしていると聞いています。

 2015年に選挙権年齢が18歳に引き下げられてから6年、若者の政治への関心が高くなりつつあることを、すごくうれしく思っています。国会内の会合などでも20代前半の方から質問を受けることが増え、そのような若い方々と意見交換できるのは神澤にとっても興味深いことです。

 国民のみなさまの素朴な疑問を政策に反映させる作業には充実感もあるので、寝不足続きの毎日でも励みになりますね。

総裁選は大物議員4人の代理戦争に

 最近の各社世論調査では河野候補の支持率が高いようですが、9月22日夜には岸田候補のリードも伝えられるなど、まだまだわからない状況です。

 また、いつものことですが、“文春砲”(週刊文春)が河野大臣の官僚に対するパワハラ問題を報じるなど、不祥事リークも出てきています。もちろん、足を引っ張っているのは敵陣営です。

 各候補の派閥の事情とともに、やはり安倍晋三前首相、麻生太郎財務相、二階俊博幹事長、そして森喜朗元首相の思惑が強すぎて、この4議員の代理戦争状態になっているんです。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』 あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合