NEW
藤和彦「日本と世界の先を読む」

中国、流行性出血熱も感染拡大…コロナ同様に政府の隠蔽で新パンデミックの懸念も

文=藤和彦/経済産業研究所コンサルティングフェロー
【この記事のキーワード】, ,
中国の市場
中国の市場(「gettyimages」より)

 新型コロナウイルスの変異型(オミクロン株)の急拡大に世界は警戒を強めている。重症度は低いものの感染力が高いことから、医療体制に負荷がかかることが懸念されているからだ。

 感染拡大を強引なかたちで封じ込めてきた中国でも新型コロナの感染例が相次いでいる。中国保健当局によれば、12月22日の新規感染者は71人、うち63人は陝西省西安市だ。12月中旬以降、この傾向が続いていることから、西安市では約1300万人の市民を対象にしたPCR検査が実施され、21日には当局が市民に対し外出制限を要請する事態となった。いかにも中国らしい大げさな対応だが、気になるのは西安市で流行している感染症が新型コロナだけではないことだ。

 西安市疾病管理センターは19日、「冬に入って同市で流行性出血熱の患者が何人か出た」ことを明らかにした。「最初の感染者は18日に発見された」としているが、正確に何人が感染したかについては言及しなかった。

 流行性出血熱にかかると目の充血や発疹などの出血が起きる。初期段階は季節性インフルエンザと症状が似ているが、悪化すると急性腎不全となり、死に至ることもある。流行性出血熱を引き起こすのはハンタウイルスだ。宿主はネズミの7割以上を占めるセスジネズミだ。乾燥したセスジネズミの排泄物を吸うことで感染するが、ヒトからヒトへ感染することはないとされている。

 流行性出血熱はユーラシア大陸の広域で感染例が出ている。日本では1960年代に大阪の梅田駅周辺など集団感染が起きていたが、21世紀以降の感染は報告されていない。最大の流行国である中国では2019年に4359人が感染、21人が死亡した。2020年にも9596人が感染し、44人が死亡しており、致死率は0.4%に達している。

 中国では毎年10月頃から流行性出血熱の感染が始まるが、今回の西安市の場合はかなり深刻のようだ。専門家は「今年夏に発生した水害によってネズミが人の居住地域に移動したことと関係がある」とコメントしている。西安市民は「西安市の長安地区で深刻な感染が起きており、死者が出ている。西安市の大病院に出血熱患者が次々と運び込まれ、人民解放軍の病院が閉鎖された」とSNSに投稿している。病院が閉鎖されたのが事実だとすれば、院内感染が起きている可能性がある。「これまでとは異なり、ヒト―ヒト感染が起きているのではないか」との不安が頭をよぎる。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合