NEW

スタバ、今冬の要注意商品5選…甘すぎるホットドリンク、ピスタチオケーキも不評

文=A4studio
【この記事のキーワード】
スターバックスの店舗
スターバックスの店舗

 ちょっとした休憩から軽食まで、気軽に利用できる大手カフェチェーン「スターバックス コーヒー」。2020年度はコロナ禍の影響を受け赤字に転落するも、積極的に新規出店を続け、21年3月時点では業界2位のドトールと500店以上の差をつけるなど、底力を見せつけている。21年9月末時点で1685店舗も擁しているのだ。

 21年6月に開催されたオンライン事業説明会では、時代に即したリモートワークを活用することで本社の業務の一部を別地域に移すことや、22年春からは高校生のアルバイト採用を開始するといった発表もなされた。リクルート面での制度改革など、さらなる企業拡大を図ろうとする動きには注目が集まっている。

 だが、アメリカから日本に進出しておよそ四半世紀が経っているスタバは、経験則を活かしさまざまな商品を打ち出しているが、なかには「う~ん……」と首を傾げてしまうメニューも存在している。今回はそんな、買う人によっては要注意な商品5つご紹介しよう(価格は税込み)。

ほうじ茶 & クラシックティー ラテ/[ショートサイズ]462円

 21年6月に登場した「ほうじ茶 & クラシックティー ラテ」は、ほうじ茶と紅茶という2種類の茶葉、そしてホワイトモカクリームのマッチングが楽しめる一品。日本限定発売で、「ほうじ茶」という日本人に馴染み深いフレーバーを扱った商品なのだが、SNS上ではこの組み合わせが口に合わないという意見もちらほらある様子。

スタバ、今冬の要注意商品5選…甘すぎるホットドリンク、ピスタチオケーキも不評の画像1

 口に含んでみると、どこか味がぼんやりしている印象。少しマドラーで混ぜてみたが、それでもほうじ茶と牛乳の風味はうまく合わさっていないように感じた。また、過剰気味な甘さも気になるところだ。人によっては、飲み進めていくうちに胸焼けしてしまうかも……と思わせるこの甘さは賛否両論も納得だ。

 牛乳とほうじ茶のマッチングが人を選ぶことと、喉が渇くほどの甘さはまさに要注意なので、メニュー選びであまり冒険したくない人にはおすすめしづらい。だが、意外な組み合わせのフレーバーに興味があり、かつ甘党という方にとっては、クセになる一杯かもしれない。

ココア/[ショートサイズ]429円

 寒い時期、やさしい甘みで冷えた体をポカポカと温めてくれるココア。冬の風物詩的なドリンクだが、スタバにも定番ビバレッジとしての取り扱いがある。クラシカルなメニューなので安定したおいしさと予想する人も多いだろうが、ネット上にはそのおいしさを疑問視する声も上がっている。

スタバ、今冬の要注意商品5選…甘すぎるホットドリンク、ピスタチオケーキも不評の画像2

 チョコレートソースとホットミルクで作られているのがポイントということで、期待しつつ実飲してみたのだが、カカオの風味が強すぎて、ミルクとうまく混ざり合っていない印象を受けた。マドラーで混ぜながら飲んだのだが、それでも飲み干す際にはコップの底の方に濃いチョコレートソースが残ってしまっていた。

 ビターかつ濃厚なチョコレートの風味が好きという方にはいいだろうが、定番商品でありながらクセが強めなので、頼んでみてちょっと面食らう人も多いのではないだろうか。また、ショートサイズのココア1杯で500円近くするので、コスパ的に戸惑うのも気になるところだ。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合