NEW
山崎俊輔「発想の逆転でお金に強くなる『お金のトリセツ』」

今年、多くの日本人が初めて経験するかもしれない「モノの値上がり」の怖さ&対処法

文=山崎俊輔/フィナンシャル・ウィズダム代表
【この記事のキーワード】, ,
今年、多くの日本人が初めて経験するかもしれない「モノの値上がり」の怖さ&対処法の画像1
「gettyimages」より

モノの値段が上がり始めた

 昨年11月はガソリン、12月は牛丼、今年1月はパン(小麦粉)、2月は油、3月はマヨネーズ、そして6月からはカップ麺――。何を並べているかは、おわかりでしょうか。

 そう、すでに値上げされたか、これから値上げ予定の品目リストです。ネット上では「小麦粉×油×マヨネーズ」ということで「お好み焼き屋、値上げ確定!」との嘆きの声が早くも広がっています。お好み焼きが値上げされるかはまだわかりませんが、あなたが車に乗る生活をしていれば、ガソリン代の値上がりがすでに生活を直撃しているはずです。週に何度か牛丼を食べて昼飯代を抑えるのは節約の基本(しかも美味いし)でしたが、一食あたり50円も値上がりすると、節約効果も小さくなってしまいました。

 最近は、人件費の上昇、物流コストの上昇、原材料費の高騰など、値上げを検討せざるを得ない要素が重なっています。そうした流れがついに「値上げ」として私たちの財布を直撃し始めています。

 モノの値段が上がる印象があまりなかった人たちにとっては、違和感があることかもしれません。それもそのはず、日本では20年以上もほとんど値上がりがない時代が続いてきているからです。これからの「物価が上がる」時代をどう切り抜けていくべきか、ポイントをまとめてみます。

日本は20年以上、物価が上がらない社会だった

 日本では物価の上昇がこの数十年ストップしていました。物価を示すデータである消費者物価指数を、2020年を100として過去にたどっていくと、1950年が11.9です。つまり70年前の物価は9分の1、今の1000円の買い物は当時119円であったということになります。

今年、多くの日本人が初めて経験するかもしれない「モノの値上がり」の怖さ&対処法の画像2
『日本版FIRE超入門』(山崎俊輔/ディスカヴァー・トゥエンティワン)

 戦後の経済成長とともに物価は上昇しました。1960年が17.9、1970年が31.3とざっくり10年ごとに50%くらいずつ上昇し、1980年が73.8と急上昇しました。10年で倍になったわけです。1970年から80年にかけて、500円のモノが1000円以上に値上がりしたと考えればすごい値上げということになります。この頃は教科書にあるオイルショックがあった時期に重なります。

 さて、次の10年で1990年が89.7まで上昇したところで、物価上昇は横ばいに転じます。2000年が96.4、2010年が93.5とむしろダウン、2020年が少し上がって100となっています。1990年から2020年の間は30年かけて約10%しか値上がりしていないわけです。

 物価の上昇をインフレといいますが、この期間は「低インフレ」もしくは「デフレ」の基調にありました。デフレというのは物価がむしろ下がることです。確かに、食事の値段はほとんど変わらないままでした。安いランチが500円、ちょっといいランチが1000円であるという感覚は20年前から変わりません。服などはユニクロのがんばりのおかげで、クオリティが上がっても値段はむしろ安くなったりしました。

 あまりにも長くモノの値段が上がらなかったことで、私たちは値上がりが当たり前の時代をすっかり忘れてしまいました。若い世代は「そもそも知らない」ですし、アラフィフ世代であっても「子どもの頃にあったかもしれないが覚えていない」です。つまり、大人であっても半分くらいの人は物価が上がる感覚を持っていないわけです。

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合