NEW

“お金持ちの父”で注目集まる麻生泰医師…青汁王子やガーシーとのコラボも話題

文=道明寺美清/ライター
【この記事のキーワード】, ,
お金持ちの父で注目集まる麻生泰医師
YouTuberとしても注目を浴びる麻生泰医師

 東京美容外科・統括院長の麻生泰医師。これまでも美容外科医、事業家としてメディアへの露出はあった麻生氏だが、その知名度がさらに急上昇している。そのきっかけの一つが、麻生氏の長男、拓海氏(19)のTikTok「お金持ちの息子」である。

 拓海氏が発信するお金持ちの息子としての生活が話題を呼んだが、開始当初は父が麻生氏であることを公表していなかった。その手法がユーザーの興味を引き、拓海氏は瞬く間に人気TikTokerとなった。さらに父が麻生氏であることを公表すると、一気に麻生氏に注目が集まった。

 そして現在、麻生氏自身も登録者数10万人を超える人気YouTuberとなった。しかし、SNSで見せる華やかな生活だけがすべてではなく、その陰にはさまざまな苦悩や葛藤もあったという。麻生氏のリアルを聞いた。

父としての苦悩

“お金持ちの父”として若い世代からも支持されている現状を、どう感じているのだろうか。

「『よかった』の一言です。それは、息子・拓海にとってよかったということです。実は、拓海が5歳の時に離婚し、それからは月に一度会うという生活でした。離婚してからは、事あるごとに息子をどうやったら引き取ることができるかを考えていました。私と会っている時に『お父さんのところが楽しい』と言っても、母親のもとに戻れば『やっぱりお母さんと一緒にいます』となってしまう。仕方ないかな、と思っていました」

 息子が母親のもとで生活することを受け入れるしかなかった。父として、困ったときはいつでもサポートするという気持ちを伝え見守るしかなかったが、そんな状況を変えるきっかけがあった。

「拓海が中学3年生になったある日、元妻から電話がありました。『拓海が引きこもりなの。家でゲームばかりしているから朝起きられず、学校へも行けない。私が何を言っても反抗期で手に負えないの』と言うんです。それは、父としてもショックでしたね。母親のもとでしっかり育っていると思っていましたから」

 元妻からの電話に、一度は冷たい返事をした。

「過去に一度、教育のことも考え、拓海を引き取ろうとしたとき、元妻から『私は拓海に医者や歯科医になってほしいとは思ってない。私が、拓海を立派な父親になれる人間に育てます』と言われたことがあり、元妻からの電話に『お前が立派に育てるんじゃなかったのか?』といって電話を切りました。だけどね、やっぱり父親として放っておいていいわけがないし、そのまま知らん顔してたら目覚めが悪いでしょ。だから、拓海を迎えに行きました。それから拓海との生活が始まりました」

RANKING

23:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合