NEW

マック、話題のザク切りポテト&ビーフに賛否両論「ポテト入ってない」報告相次ぐ

文=Business Journal編集部/協力=重盛高雄/フードアナリスト
マック、話題のザク切りポテト&ビーフに賛否両論「ポテト入ってない」報告相次ぐの画像1
マック「ザク切りポテト&ビーフ ハラペーニョマヨ」(撮影=重盛高雄)

 7月27日から期間限定で販売されているマクドナルドの“ポテトパティ入りバーガー”「ザク切りポテト&ビーフ ハラペーニョマヨ」。その独特の味がネット上で賛否両論を呼んでいるようだ。

 マックの毎年夏恒例の“ハワイ気分を味わえる期間限定商品”。今年は「ハワイだヨ!全員集合 HAWAIIAN BURGERS」と題し、以下の商品を9月上旬までの予定で発売中だ。

「チーズロコモコ」(440円/税込、以下同)
「ガーリックシュリンプ」(440円)
「ザク切りポテト&ビーフ ハラペーニョマヨ」(440円)
「マックフルーリー ミックスベリーパンケーキ風」(320円)
「マンゴー果肉入り マックフィズ トロピカルフルーツ/グリーンハワイ」(290円)
「マンゴー果肉入り マックフロート トロピカルフルーツ/グリーンハワイ」(350円)

「チーズロコモコ」は毎年夏の定番商品として多くのファンを持つことでも知られており、「ガーリックシュリンプ」は過去に販売されたこともある復刻版だが、今回注目を集めているのは新作となる「ザク切りポテト&ビーフ」だ。大きな特徴としては、ビーフパティの上にポテトパティが乗っている点。ネットで検索したところ、過去に同じくポテトパティを使用したマックのバーガーとしては「アイダホバーガー」が一時期販売されていたようだが、珍しい一品といえよう。

<厚みのある100%ビーフパティに、外はカリッと中はホクホクのザク切りポテトパティを重ね、粉チーズをトッピングした香ばしいバンズでサンドしました。10種類以上のスパイスをきかせフルーティーに仕上げた特製ハワイアンバーベキューソースと、夏らしい爽快感のある辛さが特長のハラペーニョマヨソースの風味がクセになる、食べ応え抜群の一品です>(マックのHPより)

 発売開始以降、SNS上では実際に食べた人々から以下のように好評の声が上がる一方、“イマイチ”という感想もみられる。

<ザク切りポテトビーフうま‼️‼️‼️‼️‼️‼️永遠に食いてえ恒常にならん??>(原文ママ、以下同)

<ビーフとしっとり感のあるポテトが、バーベキューソースにベストマッチ!それにマヨがアクセントになって、とても美味しゅうございました>

<ハッシュドポテトと牛肉の風味がしっかり感じられるパティが挟んであって、ハラペーニョマヨとも合っていてすごくデブでした。私が小食でなければこれだけ三個くらい食べてもよかったなと思いました>

<外カリ中ホクで最高だった>

<最近食べたのに、もうマクドのザク切りポテトビーフ食べたくなってる……厳密にはハラペーニョマヨを吸いたいだけなのだが……>

<食べる前はチーズロコモコが一番だと思ってたけど、個人的にはザク切りポテト&ビーフが一番美味かった>

<結構辛いやつなのな 食べれない辛さじゃないけど、味より辛さが勝って 感想は辛いしかでなかった 辛いのが苦手な俺です>

RANKING

5:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合