NEW
長谷十三「言わぬが花、をあえて言う。」

自民党が旧統一教会を絶対に解散させられない理由…数多の宗教団体が「票田」

文=長谷十三
【この記事のキーワード】, ,
統一教会(世界平和統一家庭連合)の本部(「Wikipedia」より)
統一教会(世界平和統一家庭連合)の本部(「Wikipedia」より)

「旧統一教会」を日本から追放しようというムーブメントが盛り上がっている。

 今や子どものみならず大人にとっても憧れの存在である、論破王・ひろゆき氏が、旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)への批判ツイートを連発、さらにカルト宗教規制法案を唱えたことで、ネット上では「政治家になってほしい」「マスコミよりも頼りになる」などとヒーロー扱いされているのだ。

 もちろん、こういう「世論」は一部のマスコミも敏感に察知する。多くのワイドショーの旧統一教会批判がトーンダウンをするなかで、『情報ライブ ミヤネ屋』(よみうりテレビ)は多くの時間を割いて旧統一教会批判を行っていることで、SNSには「#ミヤネ屋がんばれ」「#ミヤネ屋ありがとう」など称賛の声があふれている。

 また、「安倍政権に逆らった正義の官僚」として知られる元文科事務次官・前川喜平氏もここにきて「緊急参戦」をして、旧統一教会が名称変更を申請していたのを止めていたのは自分だった、という告白とともに、下村博文衆議院議員が文科大臣だった時、旧統一教会とズブズブだったがゆえに名称変更を認めたと主張。これまた称賛を集めている。

 このような著名人やメディアの動きを受けて、政治も「旧統一教会追放」の姿勢を見せ始めた。内閣改造で旧統一教会との関係が指摘された人物を排除したのだ。ただ、新閣僚のなかに旧統一教会系団体のイベントに参加したり旧統一教会系メディアの取材を受けていた者がいることが判明、萩生田光一党政調会長も関連団体との関係を認めたことで、ネット上では「闇が深すぎる」「両者のズブズブの関係は底無し」など驚かれている。

 このように世間の声が盛り上がるにつれて、「旧統一教会の違法性について徹底的に追及すべし」「捜査機関を介入させるべきだ」などの意見も増えてきている。このままいけば旧統一教会は国から解散命令を受けて、日本から追放されそうな勢いである。

ローカル宗教団体とも親密な関係

 しかし、ある自民党国会議員は「その可能性は低い」と断言をする。この議員は、自分自身は旧統一教会との接点はまったくないとして、このように説明をする。

「宗教法人法で団体を解散させるには、組織ぐるみの不正を立証しなくてはいけないが、今回報道されている旧統一教会がらみの被害にはそこまでの物証はない。にもかかわらず、世論が盛り上がっているからという理由で、これを強引にやってしまうと、組織ぐるみの不正の証拠がなくとも宗教団体を潰せるという前例ができてしまう。これは政府与党としては絶対に避けなくてはいけない。なぜかというと、自民党は数多の宗教団体に支えられている政党だからだ」

自民党が旧統一教会を絶対に解散させられない理由…数多の宗教団体が「票田」のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合