NEW

日本ダービー(G1)過去10年で「6勝2着2回」の驚異的な成績を残す「無双の法則」!? 楽して勝ちたい人はコレに乗れ!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
keiba.jpg

●現地情報や東京各レース展望をお届けする、「日本ダービーデイ・リアルタイム実況 on Twitter」開催中!

 皐月賞(G1)が「最も速い馬が勝つ」といわれ、菊花賞(G1)が「最も強い馬が勝つ」といわれている一方で、今週末に開催される日本ダービー(G1)は古くから「最も『運』のいい馬が勝つ」といわれているレースです。

 ちなみに皐月賞の「速い」には「早い」つまりは早熟性という意味も含まれており、単なるスピードが速いに加えて、レースを迎える時点での完成度も大きなポイントになるといわれています。

 菊花賞の「強い」というのは、昨年の菊花賞馬で今年の天皇賞・春(G1)を勝ったキタサンブラックのように同世代だけでなく、日本競馬を牽引するような強い馬の出現を信じて、そういわれていたらしいです。

 では、日本ダービーの「最も運がいい」とは、一体どういったことなのか?

 もちろん、無事日本ダービーを迎えるには多少の運も必要だし、レースを勝つのにも流れを掴む運は重要な要素の一つだと思います。しかし、その一方で運だけで勝てるほど競馬は甘くないのも事実でしょう。

 そんなことを考えながらダービーについて調べていると、思わず「なるほど!」と唸ってしまったデータを発見しました。下記は過去10年の日本ダービーで、ある「共通点」を持った連対馬(1、2着馬)の一覧です。ぜひともご覧ください!

・日本ダービー(G1)1枠連対馬
2015年 1枠1番 サトノラーゼン   5番人気  2着
2014年 1枠2番 ワンアンドオンリー 3番人気  1着
2013年 1枠1番 キズナ       1番人気  1着
2012年      該当馬なし
2011年 1枠1番 ウインバリアシオン 10番人気 2着
2010年 1枠1番 エイシンフラッシュ 7番人気  1着
2009年 1枠1番 ロジユニヴァース  2番人気  1着
2008年 1枠1番 ディープスカイ   1番人気  1着
2007年      該当馬なし
2006年 1枠2番 メイショウサムソン 1番人気  1着

 述べるまでもなく一目瞭然の結果ですが、なんと日本ダービーは最内枠の「1枠」に入った馬は、過去10年で「6勝2着2回」勝利6割、連対率8割という驚異的な成績を残しています。

 もちろん、メイショウサムソンやディープスカイ、キズナといった1番人気に推された馬もいますが(逆に1枠に入ったことで人気になった馬もいるでしょう)、中には10番人気のウインバリアシオンや7番人気のエイシンフラッシュのように、高配当の使者になってくれる存在もいるだけに今年も当然ながら見逃せないデータです。

 まさに「1枠を制する者はダービーを制す」といっても過言ではない無双っぷり。枠順は純粋な「抽選」で決まるだけに、これぞまさにダービーは「最も『運』のいい馬が勝つ」といったところではないでしょうか。

 さて、最強の法則も見つかったことだし、あとは運を掴んで1枠にどの馬が入るのかを確認するだけで、今年のダービーはもらったも同然(願望)。

 と思いましたがが、最後に難題が残っています。

日本ダービー(G1)過去10年で「6勝2着2回」の驚異的な成績を残す「無双の法則」!? 楽して勝ちたい人はコレに乗れ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!