NEW

昨年は凱旋門賞馬ゴールデンホーンが優勝。世界中の「ダービーの起源」英ダービー展望

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界最古の歴史から「The Derby」と称され、競馬を行う世界中すべての国のダービーの起源となっているイギリスダービーが、今年も4日(日本時間5日)に開催されようとしている。

 先日、世界No.1を決める凱旋門賞に11頭の日本馬が登録したということもあり、昨年の凱旋門賞馬を送り出した英ダービーの動向は、例年以上に注目しておきたいところだ。

 昨年は3戦3勝のゴールデンホーンが1番人気に応えて快勝した英ダービー。後に凱旋門賞(G1)を勝利したことからも、その実力は紛れもない「本物」だった。ただ、今年は打って変わって混戦模様。だが、そのメンバー構成はハイレベルで、このレースを制した馬が欧州の競馬界を牽引する存在となることは間違いなさそうだ。

 そんな中、最も大きな注目を集めているのが、2戦2勝のユーエスアーミーレンジャーだ。

 2012年から2014年までの3連覇など、このレースに滅法強いエイダン・オブライエン厩舎が送り出す超新星というだけでも十分なインパクトがあるが、愛オークス馬を母に持つこの良血馬は、デビュー前からすでに今年のダービーの前売りで穴人気になっていたほどの逸材。

 その期待に応えてデビュー戦を完勝すると、前走のトライアルもあっさりとクリアーし英ダービーの主役に躍り出た。父ガリレオは欧州を代表する種牡馬で、主戦は日本でも馴染みの深いR.ムーア騎手が務める。

 もしも英ダービーもあっさりと突破するようなら、秋の凱旋門賞で日本馬の大きな壁になることは間違いないだろう。

 対抗は、昨年このレースを制したL.デットーリが手綱をとるウイングオブディザイアか。

 もともと参戦の予定はなかったが、試金石となった前走のダンテS(G2)を制したことで、追加登録料の75000ユーロ(約920万円)を支払ってまで参戦してきたからには、当然勝機を目論んでのことだろう。

 世界的名手となるデットーリ騎手を手配したことも恐ろしいが、なんといってもこの馬は、昨年のキングジョー6世&クイーンエリザベスS(G1)でポストボンドをハナ差まで追い詰めたイーグルトップの弟となる。

 従弟同士となるクロスオブスターズとユリシーズも、十分に英ダービーを制してもおかしくはない器だ。

 クロスオブスターズの祖母であり、ユリシーズの母となるライトシフトは英オークス馬となり、2頭とも欧州でも屈指の良血馬となる。特に期待されているのはクロスオブスターズで、欧州の2歳No.1を決めるクリテリウムドサンクルーでは2着に敗れたものの、今年になって重賞を連勝し調子を上げている。

 また、ユリシーズの方もデビューから2戦は勝ち上がれなかったが、デビュー3戦目となった前走では8馬身差の圧勝。素質馬がいよいよエンジンを掛け、本番に間に合わせてきたようだ。

 他にも歴史的名牝アーバンシーの孫となるムーンライトマジックや、日本の皐月賞にあたる2000ギニー(G1)で2着したマサートなど、巨大なスケールを感じさせる若駒が揃った今年の英ダービー。

 秋の凱旋門賞に向けて、勝った馬の名前だけでも憶えておきたいところだ。

昨年は凱旋門賞馬ゴールデンホーンが優勝。世界中の「ダービーの起源」英ダービー展望のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!