NEW

超良血2歳馬コロナシオンがついに迎えるデビュー戦!歴史的名牝ブエナビスタの初仔が母娘3代の「2歳王者」へ駆け上がる!

【この記事のキーワード】

, ,

buena.jpgブエナビスタ(JBISサーチ公式サイトより)

 G1を6勝した名牝ブエナビスタの初娘がいよいよ、そのベールを脱ごうとしている。

 先週は評判の2歳馬エアウィンザーとムーヴザワールドが新馬戦で激突。結果的に後者が勝利を収めたものの、その極めてハイレベルな内容から早くもこの一戦が「『伝説の新馬戦』になるのではないか」と囁かれている。

 それがはっきりするのは、どんなに早くとも半年程度の時を要するだろうが、その一方で、本家本元の『伝説の新馬戦』を演じた名牝ブエナビスタの初娘のデビューが、いよいよ近付いてきた。

 2008年10月26日、オウケンブルースリが勝った菊花賞が行なわれたこの日の京都の新馬戦に、幸か不幸か4頭の「G1級」が集結した。

 翌年の皐月賞馬アンライバルド、菊花賞馬のスリーロールス、もしもリーチザクラウンが2着だった日本ダービーを勝ち切っていれば、この新馬戦だけで翌年の牡馬クラシック馬が揃い踏みしてしまうところだった。

 史上最強牝馬の一頭エアグルーヴを破り、阪神3歳牝馬S(現・阪神ジュベナイルF)を勝った名牝ビワハイジの娘ブエナビスタは、そんなデビュー戦を1番人気で迎えている。

 しかし、結果は3着。派手に出遅れ、それでも雨の中を上がり最速で猛追したが、さすがに相手が悪かった。

 だが、その後ブエナビスタは未勝利戦を圧勝すると、阪神ジュベナイルF(G1)に出走。1勝馬の身ながら単勝2.2倍で1番人気の支持を集めると、あっさりと母娘制覇を決めた。そこからさらにG1勝利を5つ上積みし、2010年の年度代表馬にも選出されたブエナビスタ。その活躍は、母をただの「名牝」から「日本を代表する名牝」に押し上げた。

 そんな歴史的女傑ブエナビスタが引退してから5年、ついに初娘がデビューを迎える。

超良血2歳馬コロナシオンがついに迎えるデビュー戦!歴史的名牝ブエナビスタの初仔が母娘3代の「2歳王者」へ駆け上がる!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!